2016年01月14日

SUREFIRE H&K MP5シリーズ専用 旧型レーザーサイトデバイス

SUREFIRE H&K MP5シリーズ専用 初期型レーザーサイトデバイス

SUREFIRE H&K MP5シリーズ専用 初期型レーザーサイトデバイス

SUREFIRE H&K MP5シリーズ専用 初期型レーザーサイトデバイス

SUREFIRE H&K MP5シリーズ専用 初期型レーザーサイトデバイス

SUREFIRE H&K MP5シリーズ専用 初期型レーザーサイトデバイス

SUREFIRE H&K MP5シリーズ専用 初期型レーザーサイトデバイス

SUREFIRE H&K MP5シリーズ専用 初期型レーザーサイトデバイス

SUREFIRE H&K MP5シリーズ専用 初期型レーザーサイトデバイス

SUREFIRE H&K MP5シリーズ専用 初期型レーザーサイトデバイス




レーザー・プロダクツ(現シュアファイア社)が今から四半世紀以上前に製造していたH&K MP5シリーズ専用の旧型赤色可視光レーザー・サイト・デバイスです。

今日、タクティカル・ライトの市場において勇名を馳せるシュアファイア社ですが、その前身であるレーザー・プロダクツ社は、元々レーザー・デバイスを専門とする新興ガン・アクセサリー・メーカーとして設立されました。

本品はレーザー・サイトが登場して間もない1980年代後半に製造されたモデルで、当時産業用レーザーとして一般的だったガス(気体)レーザーの一種であるHe-Ne(ヘリウム・ネオン)レーザー発振器(出力5mW)を内蔵しています。

He-Neレーザーは、真空容器内にヘリウムガスとネオンガスを封入したガラス製のレーザー細管によってレーザー光 を得ることから、本体は全長約30cm・重量約1.2kg(マウントを含む)の大きさを有し、小型軽量な半導体レーザーが主流の現在のレーザー・サイト よりも遥かに大型で重量があります。

電源として再充電可能な専用のニカド・バッテリー(14.4V)を内蔵します。

大型で重量があり、装着可能な銃種が限定されることから、米国の法執行関係機関所属の警察SWATチームを始めとして、極一部の特殊部隊によって採用されるのみで、小型軽量な半導体レーザーの登場までタクティカル・マーケットにおけるレーザー・サイトの普及は限定的なものでした。

本品は実戦部隊からの放出品です。MP5専用マウント付きのレーザー・サイト本体(1989年製造)、リモート・プレッシャー・スイッチ、バッテリー2個、充電器が付属します。

付属のマウントは米国のガンパーツメーカーとして有名なA.R.M.S.社製のクロウ・マウント(1998年製造)です。MP5でけでなく、同様のマウント規格を有するG3やHK33などにもワンタッチで装着できます(このマウントだけでも結構な値段がします)。本体と接続されている2箇所のネジを外せば、20mm規格のスロットが表れるので通常のマウントとしてドット・サイトなどの各種光学器機を搭載可能です。

30年近く前に製造された工業製品であり、当然バッテリーは死んでいます。

作動確認ができないので、あくまで観賞用のジャンク扱いでお願いします。




保管場所 「A」
出品名 「SUREFIRE H&K MP5シリーズ専用 実物旧型レーザーサイト」
状態 「中古(ジャンク扱い)」
開始価格 「98,000円」

※上記は保管上の参考事項です。個別販売はしておりません。詳細は当ブログ概要ページをご覧ください。




日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




DOOPLEN 戦闘用赤色レーザードットサイトスコープのライフルスコープの砲銃ライフル用ピストルエアーソフト


  

Posted by JP-SWAT.com at 23:50レーザーサイトMP5 Parts