2020年04月30日

ATF ID Reflector Patch Panel Large

ATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局) パッチパネル リフレクター(反射素材)仕様 Lサイズ

ATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)実物IDパッチ・パネルのリフレクター(反射素材)仕様 Lサイズです。


・ATF(Bureau of Alcohol, Tobacco, Firearms and Explosives)

ATFは米国司法省の隷下にある連邦法執行機関であり、その名称のとおり銃器や爆発物の違法な使用・製造・所持、放火や人身売買、脱税をはじめとしたアルコール飲料・タバコ製品の違法な流通など、連邦犯罪の捜査と予防を主要任務としています。

また、ATFは米国内において州を隔てた銃器・弾薬・爆発物の販売・所持・輸送に関するライセンスの許認可も所掌しており、マシンガンなどの全自動火器やサウンド・サプレッサー(サイレンサー)の所持にもATFのライセンスが必要です。

年間予算約1億2,700万ドル(2018年)を与えられるATFは、特別捜査官を含む約5,100名の職員を擁しています。本部を首都ワシントンD.C.に置き、さらに国内の各主要都市に加え、国外にも複数の現地事務所を設けています。

現在のATFスペシャル・エージェント(特別捜査官)には、サービス・ピストルとして9x19mm弾薬に準拠した第5世代(Gen 5)のGlock 19M(マガジン容量15発)が支給されています。Glock 19MはATFだけでなく、FBIやマーシャルを含む11の連邦政府機関で運用するサービス・ピストルの統一導入を目的として、2015年から開始された選定事業おいて他の競合機種の中から選定され、連邦政府とGlockは2016年6月に最大8,500万ドルの売買契約を結んでいます。

また、ATFエージェントはサービス・ピストルとして支給される拳銃訓練のほか、危険性の高い任務の性格からライフルやショットガンを用いた訓練も受けています。


・Special Response Team (SRT)




ATFにはSWATチームなどと同様、戦術的なハイリスク・サービスを提供する警察戦術部隊(PTU)として“SRT(Special Response Team)”が編制されています。

ATF SRTプログラムは、米国で最も暴力的な犯罪者の捜査と逮捕に付随する固有のリスクへ対処するため、1996年から運用が開始されました。全米の5つの主要都市(ダラス、デトロイト、ロサンゼルス、ジャクソンビル、ワシントンD.C.)に各1チームが編制されており、全隊で138名(2018年)の常勤及び非常勤の隊員で構成されています。





SRTはその創設以来、米国内のアウトロー・モーターサイクル・クラブ(モーターサイクル・ギャング)、武装した麻薬密売組織、テロリスト、組織犯罪対策を含む複数の機関による犯罪捜査活動を支援してきました。これらの重要な捜査には、優れた戦術的運用能力と専門装備が必要となります。

2018年には年間191件の出動実績があり、2007年以降のSRT出動件数は累計2,200件を超えています。SRTは逮捕や捜査令状の執行を含む強制捜査をはじめ、危険度の高いATFエージェントの業務を支えています。

活動中の殆どの部隊には以下のATF要員とリソースが含まれます。


・Tactical operator




SRTの基幹要員となるタクティカル・オペレーターは、人質救出作戦において必須となる前方監視技術、爆発物及び工具を用いた突入技術(奇襲性の高いダイナミック・エントリー及び隠密性の高いコバート・エントリー)、ラペリング、ファスト・ロープ、PSD(Personal Security Detail:要人警護)任務をはじめとした多種多様な戦術的状況に対応できるよう、特殊機材や特殊武器について専門的訓練課程を修得しています。


・Crisis negotiator

SRTプログラムには専門訓練を修得した32名のクライシス・ネゴシエーター(危機的事態交渉人)が在籍しており、すべての業務を支援する体制が備わっています。クライシス・ネゴシエーターは、立てこもりや人質事件発生時における犯人との交渉、情報収集、精神疾患者及び精神不安定者への対応を専門としています。


・Operational medic program




SRTには特殊な戦術医療訓練を修得した63名を超えるタクティカル・メディックが在籍しています。タクティカル・メディックは自隊のSRTのほか、NRT(National Response Team:1978年の創設後、重大な放火・爆発物事件への捜査において24時間以内に全米各地に派遣され、州及び地方の捜査官を支援するATFの即応捜査部隊)の職務執行と訓練課程において、基礎的及び高度な医療支援を提供します。 

オペレーショナル・メディック・プログラムは、職務執行と訓練の運用に先立って医療脅威評価を準備し、要請に応じて現場のエージェントに基本的なCPR(心肺蘇生法)、応急処置、外傷対処訓練を提供します。


・Tactical K-9 program




SRTにはK-9(警察犬)とハンドラーから構成される10個(2018年)のタクティカルK-9チームが編制されています。K-9チームは戦術部隊と協力し、建造物やその他の地域に潜伏する容疑者の捜索、追跡及び広域における検索作戦を実施します。

また、嗅覚を活かした検索活動だけでなく、K-9は最終手段として脅威となる人物を物理的に制圧することもできます。SRTプログラムではK-9を組織内において自主訓練し、外部の認証機関として全国的な警察犬協会であるNAPWDA(North American Police Work Dog Association:北米警察犬協会)を使用しています。






1996年のSRTプログラム開始以来、ATFには以下のメリットが生まれています。

・ 危険性が高く、ときに生命を脅かす法執行活動において、安全で効率的な事態対処能力の向上

・ 最も危険性の高い暴力的犯罪者の制圧において、必要なサポートを提供するため、戦術、運用手順、そして適切な資機材と要員を組み合わせた緊急時対応計画の策定

・ 現地事務所と教育機関において、訓練と全体的な能力を向上させるためのタクティカル・インストラクター幹部の供給












・Detail

ベスト装着用の大型パッチ・パネルです。

プリント仕様ではなく見栄えの良い刺繍仕様で、灰色のリフレクター(反射素材)を生地を背面に、濃紺の刺繍でATFの文字があしらわれています。夜間や薄暗い室内でも光で照らされると、リフレクターが白く光を反射し、高い視認性を発揮します。

背面無加工
サイズ 10cm x 24cm

モニター環境によって現物と画像の色味が大きく異なって表示される場合があります。


保管場所 「A」
出品名 「実物 ATF パッチパネル リフレクター(反射素材)仕様 LE」
状態 「中古」
数量「1」
開始価格 「1,200円(1枚)」

日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




ポリスレプリカパッチ ATF SPECIAL AGENT Bage Patch イエロー


  

2020年04月27日

NAR Combat Casualty Response Bag MEDIC LEG RIG-COY

ノース・アメリカン・レスキュー(North American Rescue:NAR) コンバット・カジュアルティ・レスポンス・バッグ(Combat Casualty Response Bag MEDIC LEG RIG COY)


FBI(連邦捜査局)SWATチームでも採用実績のあるノース・アメリカン・レスキュー(North American Rescue:NAR)社製のコンバット・カジュアルティ・レスポンス・バッグ(Combat Casualty Response Bag MEDIC LEG RIG COY)です。


・North American Rescue(NAR)

1996年、米国サウスカロライナ州グリアにおいて設立されたNARは、国内外の戦闘地域で活動する兵士、治安維持にあたる法執行関係者、EMT(救急救命士)をはじめとしたファースト・レスポンダー(初動対応者)に革新的な戦術医療製品を提供することにより、戦場や現場において適切な応急処置を施せば“防ぎ得た死”を減らすことを至上理念としています。

NARは戦術医療製品の主要な供給者として常に死傷者治療の最前線を追求し、第一線で活動経験のある特殊作戦医療従事者・軍医、経験豊富な法執行機関関係者、SWAT隊員、EMSヘルス・ケア・プロバイダー、認定製品開発及び品質の専門家、専門コンサルタントなど、各部門のプロフェッショナルで構成されています。

NARは米国国防総省が戦場における負傷者管理の分野で標準化し、米国外科学会及び米国救護員協会の“戦術環境下における負傷者管理”部門において唯一推奨するTCCC(Tactical Combat Casualty Care:戦術的第一線救護)ガイドラインに基づき、製品の設計・開発・試験を行っています。

NARの代表的製品であるC-A-T(Combat Application Tourniquet:戦術止血帯)は、戦闘環境下においても片手で扱える止血帯として、四肢負傷時の血流閉塞に100%有効であることが米軍研究機関によって証明され、2005年に米軍制式採用品となりました。致命傷となる外傷性の大量出血への対処法として有効性の認められたC-A-Tは、米軍をはじめとた世界各国の軍事組織のほか、米国の連邦政府機関、文民警察をはじめとした法執行関係機関、EMS(救急医療サービス)、応急手当の重要性を理解する民間組織・個人において普及しています。

また、NARは戦術医療製品の供給のほか、自社製品を用いた教育訓練プログラムの主催も行っており、プロフェッショナル・ファースト・レスポンダーに限らず、救急現場に居合わせた民間人を主とするバイスタンダー(傍観者)向けの製品・訓練も提供しています。

設立以来、米軍をはじめとした大口の供給先を獲得したNARは、米国屈指の救急医療製品メーカーとして急速な成長を遂げ、近年の年間売り上げ高は1億8,400万ドル(2018年)に及びました。

2019年1月、NARはニューヨーク州メルビルに本社を構えるヘンリー・シャイン社(Henry Schein、Inc.)に買収され、その系列企業となりました。全米上位500社の総収入で順位付けされるフォーチュン500に含まれるヘンリー・シャイン社は、歯科・医療専門家向けの世界最大規模のソリューション企業です。同社は世界31ヶ国に事業ないし関連会社を有し、集中・自動化された流通網を通じて12万を超えるブランド製品を取り扱い、全世界100万人以上の顧客にサービスを提供しています。同社継続事業からの売り上げ高は年間94億ドル(2018年)に達し、1995年の上場企業入りから年平均約13%の成長を遂げています。

ヘンリー・シャイン社の系列企業となったNARですが、そのブランドは健在であり、今後はヘンリー・シャイン社が誇る世界規模の流通網を通じ、世界各国の救急医療製品市場に向けて、事業規模を拡大するものと思われます。
ノース・アメリカン・レスキュー(North American Rescue:NAR) コンバット・カジュアルティ・レスポンス・バッグ(Combat Casualty Response Bag MEDIC LEG RIG COY)
NARコンバット・カジュアルティ・レスポンス・バッグは、同社が供給するコンバット・カジュアルティ・レスポンス・キットを収納携行するための専用バッグです。

米軍において効果的運用が実施され、その効果が証明されたことで現在では戦場などにおける第一線救護の世界的標準となったTCCC(Tactical Combat Casualty Care:戦術的第一線救護)ガイドラインは、戦闘において防ぎ得た戦死のうち、3つの主要な死亡要因(四肢の損傷による大量出血が60%、緊張性気胸が33%、気道閉塞が6%)に焦点をあてています。

NARでは、これらの致命傷に対処するために最低限必要となる医療製品を専用バッグにまとめ、“コンバット・カジュアルティ・レスポンス・キット(Combat Casualty Response Kit:CCRK)”として供給しています。

ノース・アメリカン・レスキュー(North American Rescue:NAR) コンバット・カジュアルティ・レスポンス・バッグ(Combat Casualty Response Bag MEDIC LEG RIG COY)

バッグ本体の素材にはタクティカル・ギアに多用される高強度なコーデュラ・ナイロンが用いられており、暗視装置などによる被発見率を低減するため、近赤外線減衰加工が施されています。

また、ストラップの合成樹脂製バックルには、ITW Military Products社製のファステックス(Fastex)が採用されており、こちらにも近赤外線減衰加工(GhillieTEXテクノロジー)が施されています。

バッグ本体背面にはPALS(Pouch Attachment Ladder System)に対応したナイロン・ウェビングが設けられており、同規格に対応するタクティカル・ベストをはじめとした各種装身具に装着できます。また、着脱可能なベルトと滑り止め加工の施されたレッグ・ストラップも付属するため、バッグを太腿部分に装着することもでき、環境に応じた携行位置の選択が可能です。




ノース・アメリカン・レスキュー(North American Rescue:NAR) コンバット・カジュアルティ・レスポンス・バッグ(Combat Casualty Response Bag MEDIC LEG RIG COY)




バッグ開口部に設けられたダブル・ジッパーのプル部分はパラコード仕様となっているため、金属製のプルに比べて静粛性に優れています。また、ジッパーは砂塵や水滴への抵抗力を有してり、故障時でも修繕が容易です。

ノース・アメリカン・レスキュー(North American Rescue:NAR) コンバット・カジュアルティ・レスポンス・バッグ(Combat Casualty Response Bag MEDIC LEG RIG COY)

ダブル・ジッパーを下すとバッグは重量に従って完全に開く仕様となっており、収納された各種医療資材への迅速なアクセスが可能です。




ノース・アメリカン・レスキュー(North American Rescue:NAR) コンバット・カジュアルティ・レスポンス・バッグ(Combat Casualty Response Bag MEDIC LEG RIG COY)




バッグに縫い付けられたタグには、国防総省が指定した13桁(6515-01-531-6535)の備品管理番号NSN(National Stock Number)が記載さています。本品はNARのタグがバッグ前面に縫い付けられた旧型の製品で、2005年7月18日に連邦物流情報システム(Federal Logistics Information System:FLIS)に登録されており、以降は米軍の戦闘部隊に供給されています。

また、NARのコンバット・カジュアルティ・レスポンス・キットは、コヨーテ・タン・カラーの専用バッグと共にFBI地方支局が有するSWATチームにおいても運用が確認されています。




ノース・アメリカン・レスキュー(North American Rescue:NAR) コンバット・カジュアルティ・レスポンス・バッグ(Combat Casualty Response Bag MEDIC LEG RIG COY)




・Detail

在日米軍からの放出品として入手した中古品です。

ファステックスの製造年は米軍で調達が開始された時期と同年の2005年となっており、米軍装備のほか、同年代のFBI SWAT装備でも活用いただけます。

一部にペイントや汚れの付着などが見受けられますが、機能上支障となる損傷はなく、新品にはない程よい使用感があってリアルです。

入手時に煙の臭いが付着していたため、家庭用洗剤で手洗いをしています。


カラー:コヨーテ・タン
ポーチ・サイズ(ストラップを除く):19cm x 20cm x 12cm
重量(ストラップを含む):約540g


保管場所 「A」
出品名 「FBI SWAT採用 ノースアメリカンレスキュー(NAR) Combat Casualty Response Bag 米軍放出品」
状態 「中古」
数量「1」
開始価格 「4,800円」

日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




止血帯 CATターニケット ブラック


  

2020年04月24日

Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit LAPD Model

ロサンゼルス市警察(LAPD)制式採用 ロー・エンフォースメント・トラウマ・シューティング・キット(Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit)

米国カリフォルニア州ロサンゼルス市警察(Los Angeles Police Department:LAPD)において採用されたロー・エンフォースメント・トラウマ・シューティング・キット(Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit)です。

トラウマ・シューティング・キットは、銃創(銃器から発射された弾丸による外傷)の応急手当に最低限必要となる医療資材を専用ポーチにまとめたファースト・エイド・キットです。銃創や刺創は大出血を伴う重傷となる確率が高く、直ちに止血などの適切な応急手当を施さないと、最悪の場合は僅か数十秒から数分で死に至る場合があります。この際、当然ながら救急隊の到着を待っている暇はなく、負傷者自身や周辺の人々による迅速かつ適切な応急手当が負傷者の生死を分けることになります。

ロサンゼルス市警察(LAPD)制式採用 ロー・エンフォースメント・トラウマ・シューティング・キット(Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit)
建国以来の銃社会によって銃器を用いた凶悪犯罪が常態化し、また不特定多数の一般市民を標的にした街頭での銃乱射事件やテロリズムの増加も懸念される米国では、現場に第一臨場して事件事故などの初動対応にあたる警察官にもファースト・レスポンダー(初動対応者)として基本的な応急手当の知識と技術が求められます。

このため、警察官をはじめとした米国の法執行関係者には日常的な救命訓練のほか、止血帯(ターニケット)やトラウマ・キットなどの応急手当に必要な医療資材の携行が義務付けられている場合が多いのです。

ロサンゼルス市警察(LAPD)制式採用 ロー・エンフォースメント・トラウマ・シューティング・キット(Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit)


本製品の供給元である“TOWNSON PRODUCTIONS”は、カリフォルニア州南部内陸のリバーサイドに拠点を設けています。米国内の法執行機関において最も普及した同社のトラウマ・シューティング・キットは、全米最大規模の警察機関であるLAPDや連邦捜査機関であるFBI(連邦捜査局)などに制式採用され、全米の数万名を超える法執行関係者に携行されています。


ロサンゼルス市警察(LAPD)制式採用 ロー・エンフォースメント・トラウマ・シューティング・キット(Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit)

キット・ポーチ及び内容物は共通ですが、採用機関のオーダーによって表面に機関名称やロゴを表記することが可能です。LAPD仕様の本品にはLAPDの表記とバッジがデザインされています。




ロサンゼルス市警察(LAPD)制式採用 ロー・エンフォースメント・トラウマ・シューティング・キット(Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit)




一線における開封品の誤使用防止のため、キット・ポーチのファスナー持手部分は米国の医療資材メーカー“Healthmark Industries Company”が製造する簡易セキュリティ・ロック“Twist-Lok(ツウィスト・ロック)”で封印されています。キットを開封する際は、一定以上の力でプラスチック製のロック機構を押すかひねるだけで、迅速にロックを解除できます。


ロサンゼルス市警察(LAPD)制式採用 ロー・エンフォースメント・トラウマ・シューティング・キット(Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit)




キット・ポーチ内の医療資材は汚染防止のため、密封性の高いファスナー付きビニール袋に封入されています。
ロサンゼルス市警察(LAPD)制式採用 ロー・エンフォースメント・トラウマ・シューティング・キット(Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit)
本キットには銃創をはじめとした外傷の応急手当に最低限必要な医療資材として、感染防止用のニトリル・グローブ、負傷者の衣服を裁断するための外傷用ハサミ(トラウマ・シア―ズ)、ガーゼ・パッド、ドレッシング材(創傷被覆材)、弾力包帯、外傷用多目的包帯、テーピング材が含まれています。


ロサンゼルス市警察(LAPD)制式採用 ロー・エンフォースメント・トラウマ・シューティング・キット(Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit)


ロサンゼルス市警察(LAPD)制式採用 ロー・エンフォースメント・トラウマ・シューティング・キット(Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit)


ロサンゼルス市警察(LAPD)制式採用 ロー・エンフォースメント・トラウマ・シューティング・キット(Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit)


ロサンゼルス市警察(LAPD)制式採用 ロー・エンフォースメント・トラウマ・シューティング・キット(Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit)


ロサンゼルス市警察(LAPD)制式採用 ロー・エンフォースメント・トラウマ・シューティング・キット(Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit)


ロサンゼルス市警察(LAPD)制式採用 ロー・エンフォースメント・トラウマ・シューティング・キット(Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit)


・Detail

新品未開封品として入手後、検品撮影のためにツウィスト・ロックを切断開封しました。

医療資材については未使用のままですが、あくまでコレクション用のため、実使用は控えてください。

ポーチ・サイズ 32cm x 25cm
キット重量(ポーチを含む) 約430g


保管場所 「A」
出品名 「ロサンゼルス市警察(LAPD)支給品 トラウマシューティングキット(銃創応急手当キット)」
状態 「中古」
数量「1」
開始価格 「4,800円」

日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




イラストでまなぶ! 戦闘外傷救護 -COMBAT FIRST AID-増補改訂版


  

2020年04月18日

ATF ID Patch Panel YB Large

ATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局) パッチパネル イエローxブラック Lサイズ

ATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)実物IDパッチ・パネル(イエローxブラック)Lサイズです。


・ATF(Bureau of Alcohol, Tobacco, Firearms and Explosives)

ATFは米国司法省の隷下にある連邦法執行機関であり、その名称のとおり銃器や爆発物の違法な使用・製造・所持、放火や人身売買、脱税をはじめとしたアルコール飲料・タバコ製品の違法な流通など、連邦犯罪の捜査と予防を主要任務としています。

また、ATFは米国内において州を隔てた銃器・弾薬・爆発物の販売・所持・輸送に関するライセンスの許認可も所掌しており、マシンガンなどの全自動火器やサウンド・サプレッサー(サイレンサー)の所持にもATFのライセンスが必要です。

年間予算約1億2,700万ドル(2018年)を与えられるATFは、特別捜査官を含む約5,100名の職員を擁しています。本部を首都ワシントンD.C.に置き、さらに国内の各主要都市に加え、国外にも複数の現地事務所を設けています。

現在のATFスペシャル・エージェント(特別捜査官)には、サービス・ピストルとして9x19mm弾薬に準拠した第5世代(Gen 5)のGlock 19M(マガジン容量15発)が支給されています。Glock 19MはATFだけでなく、FBIやマーシャルを含む11の連邦政府機関で運用するサービス・ピストルの統一導入を目的として、2015年から開始された選定事業おいて他の競合機種の中から選定され、連邦政府とGlockは2016年6月に最大8,500万ドルの売買契約を結んでいます。

また、ATFエージェントはサービス・ピストルとして支給される拳銃訓練のほか、危険性の高い任務の性格からライフルやショットガンを用いた訓練も受けています。


・Special Response Team (SRT)




ATFにはSWATチームなどと同様、戦術的なハイリスク・サービスを提供する警察戦術部隊(PTU)として“SRT(Special Response Team)”が編制されています。

ATF SRTプログラムは、米国で最も暴力的な犯罪者の捜査と逮捕に付随する固有のリスクへ対処するため、1996年から運用が開始されました。全米の5つの主要都市(ダラス、デトロイト、ロサンゼルス、ジャクソンビル、ワシントンD.C.)に各1チームが編制されており、全隊で138名(2018年)の常勤及び非常勤の隊員で構成されています。





SRTはその創設以来、米国内のアウトロー・モーターサイクル・クラブ(モーターサイクル・ギャング)、武装した麻薬密売組織、テロリスト、組織犯罪対策を含む複数の機関による犯罪捜査活動を支援してきました。これらの重要な捜査には、優れた戦術的運用能力と専門装備が必要となります。

2018年には年間191件の出動実績があり、2007年以降のSRT出動件数は累計2,200件を超えています。SRTは逮捕や捜査令状の執行を含む強制捜査をはじめ、危険度の高いATFエージェントの業務を支えています。

活動中の殆どの部隊には以下のATF要員とリソースが含まれます。


・Tactical operator




SRTの基幹要員となるタクティカル・オペレーターは、人質救出作戦において必須となる前方監視技術、爆発物及び工具を用いた突入技術(奇襲性の高いダイナミック・エントリー及び隠密性の高いコバート・エントリー)、ラペリング、ファスト・ロープ、PSD(Personal Security Detail:要人警護)任務をはじめとした多種多様な戦術的状況に対応できるよう、特殊機材や特殊武器について専門的訓練課程を修得しています。


・Crisis negotiator

SRTプログラムには専門訓練を修得した32名のクライシス・ネゴシエーター(危機的事態交渉人)が在籍しており、すべての業務を支援する体制が備わっています。クライシス・ネゴシエーターは、立てこもりや人質事件発生時における犯人との交渉、情報収集、精神疾患者及び精神不安定者への対応を専門としています。


・Operational medic program




SRTには特殊な戦術医療訓練を修得した63名を超えるタクティカル・メディックが在籍しています。タクティカル・メディックは自隊のSRTのほか、NRT(National Response Team:1978年の創設後、重大な放火・爆発物事件への捜査において24時間以内に全米各地に派遣され、州及び地方の捜査官を支援するATFの即応捜査部隊)の職務執行と訓練課程において、基礎的及び高度な医療支援を提供します。 

オペレーショナル・メディック・プログラムは、職務執行と訓練の運用に先立って医療脅威評価を準備し、要請に応じて現場のエージェントに基本的なCPR(心肺蘇生法)、応急処置、外傷対処訓練を提供します。


・Tactical K-9 program




SRTにはK-9(警察犬)とハンドラーから構成される10個(2018年)のタクティカルK-9チームが編制されています。K-9チームは戦術部隊と協力し、建造物やその他の地域に潜伏する容疑者の捜索、追跡及び広域における検索作戦を実施します。

また、嗅覚を活かした検索活動だけでなく、K-9は最終手段として脅威となる人物を物理的に制圧することもできます。SRTプログラムではK-9を組織内において自主訓練し、外部の認証機関として全国的な警察犬協会であるNAPWDA(North American Police Work Dog Association:北米警察犬協会)を使用しています。






1996年のSRTプログラム開始以来、ATFには以下のメリットが生まれています。

・ 危険性が高く、ときに生命を脅かす法執行活動において、安全で効率的な事態対処能力の向上

・ 最も危険性の高い暴力的犯罪者の制圧において、必要なサポートを提供するため、戦術、運用手順、そして適切な資機材と要員を組み合わせた緊急時対応計画の策定

・ 現地事務所と教育機関において、訓練と全体的な能力を向上させるためのタクティカル・インストラクター幹部の供給












・Detail

ベスト装着用の大型パッチ・パネルです。

プリント仕様ではなく見栄えの良い刺繍仕様で、ブラック生地を背面にイエローの刺繍でATFの文字があしらわれています。

背面は面ファスナーのフック仕様のため、ボディー・アーマーやプレート・キャリアに装着顕示することができます。

サイズ 10cm x 24cm

モニター環境によって現物と画像の色味が大きく異なって表示される場合があります。


保管場所 「A」
出品名 「実物 ATF パッチパネル イエローxブラック Lサイズ LE」
状態 「中古」
数量「1」
開始価格 「1,200円(1枚)」

日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




ポリスレプリカパッチ ATF SPECIAL AGENT Bage Patch イエロー


  

2020年04月15日

FBI Badge Patch Green

FBI(連邦捜査局) 実物 バッジ・パッチ グリーン

FBI(連邦捜査局)実物バッチ・パッチ(グリーン)です。

主に米国の法執行関係機関で普及しているバッジ・パッチは、司法警察職員に貸与された金属製バッチと同様のデザインが施されたナイロン製パッチです。嵩張る金属製バッジの代わりにバッジ・パッチをユニフォームやベストへ装着することで、自身の所属を明らかにすることができるため、主にSWATチームなどの戦術部隊での使用が目立つアイテムです。


・Detail

本品は新品として入手しました。

カラーは濃い目のグリーンですが、全面に光沢感の強い縫製素材を用いているため、光の反射によっては色味が異なって見えます。

また、モニター環境によって現物と画像の色味が大きく異なって表示される場合があります。

背面無加工

米国内販売規制品

サイズ 90mm x 57mm


保管場所 「A」
出品名 「実物 FBI(連邦捜査局) バッジパッチ グリーンカラー LE」
状態 「中古(未使用)」
数量「1」
開始価格 「1,480円(1枚)」

日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




FBI連邦捜査官 レプリカカードケース バッジ付き


  

2020年04月12日

USSS Counter Sniper Team Emblem Patch Green

アメリカ合衆国シークレットサービス(USSS) カウンタースナイパーチーム(CS) 実物エムブレムパッチ グリーン

合衆国シークレット・サービス(United States Secret Service:USSS)所属カウンター・スナイパー・チーム(Counter Sniper Team)の実物エンブレム・パッチ(グリーン)です。

・United States Secret Service (USSS)

USSSは国土安全保障省(DHS)隷下にある連邦法執行機関であり、金融犯罪やサイバー犯罪をはじめとした犯罪捜査に加え、大統領をはじめとした国家指導者及びその親族の警護を主要任務としています。

USSSは米国で最も古い連邦法執行機関のひとつで、その起源はアメリカ南北戦争の終結直後にまでさかのぼります。1865年7月5日、USSSは当時蔓延していた米国通貨の偽造を取締るため、財務省の一部門として設立されました。その後、1867年にはUSSSの責任が拡大され、“政府に対する詐欺行為を犯す人物の特定”が加えられています。これによって白人至上主義団体“Ku Klux Klan(KKK)”、不適合の蒸留酒製造業者、密輸業者、郵便強盗、土地詐欺、その他の連邦法違反の捜査もUSSSの所掌業務となりました。

1901年、博覧会に出席したウィリアム・マッキンリー大統領が暗殺されたことを契機に、USSSは議会から公式に政府要人の警護任務を開始するように求められました。翌年にはホワイト・ハウスにおける常勤の大統領身辺警護がUSSSの任務に加わり、それ以降、大統領等の要人警護はUSSSの代名詞となるほど責任ある任務となっています。

米国では2001年に発生した同時多発テロ事件を契機に、諸外国の内務省的機能を有した国土安全保障省(DHS)が新設され、関係機関の整理統合によって2003年3月1日にUSSSは旧来所属していた財務省からDHSへ移管されています。今日、USSSは特別捜査官を含む約7千名の職員と約22億ドルの年間予算、米国内に116箇所の現地事務所、世界の主要都市を中心に20箇所の海外事務所を擁し、国家指導者と米国を訪問する外国要人を保護しながら、金融及びサイバー犯罪の捜査を通じて、国家安全保障に直結する金融インフラの保護にあたっています。


・United States Secret Service Uniformed Division (USSS UD) Counter Sniper Team (CS)

USSSユニフォームド・ディビジョン(United States Secret Service Uniformed Division:USSS UD)は、連邦法執行機関であるUSSSにおいて制服を着用して職務執行にあたる警備警察部隊です。合衆国の政治中枢機能を有するホワイト・ハウス敷地内の物理的な警備に加え、首都であるコロンビア特別区(ワシントンD.C.)における在外公館の保護を任務としています。本部はワシントンD.C.に置かれ、約1,300名以上の職員から構成されています。

USSS UDの前身組織であるホワイト・ハウス・ポリス(White House Police Force)は1922年に設立され、1930年に財務省隷下のUSSSに完全統合されました。1970年に在外公館の保護が任務に加えられ、このとき組織名称が“エグゼクティブ・プロテクション・サービス(Executive Protective Service)”に変更されました。現行名称である“ユニフォームド・ディビジョン(Uniformed Division)”は1977年から採用されています。

USSS UDに所属するオフィサー(Uniformed Division Officer:UDO)はホワイト・ハウス及び関連施設の警備を担当しており、主な保護対象者は大統領、副大統領及びその直系の家族、大統領候補者、ワシントンD.C.における在外公館の外交使節です。同時にホワイト・ハウスの複合施設の一部である副大統領公邸、財務省(本館及び別館)の警備を担います。USSS UDは固定式のセキュリティ・ポストのほか、徒歩、自転車、オートバイ、自動車によるパトロール網を通じて警備責任を果たします。

USSS UDはホワイト・ハウス支部、在外公館支部、海軍観測所支部の3つの支部を有します。また、USSS UDは“Special Operations Division(SOD)”に所属する以下の代表的な支援部隊を擁し、USSSの警護任務を支援しています。なお、これらの支援部隊に所属する隊員は、高度な専門訓練を評価する“テクニシャン(Technicians)”に指定されており、標準武装以外の様々な武器の使用を許可されています。


・Counter Sniper Team (CS)

暗殺の代表的手段である狙撃をはじめとして長距離の脅威から保護対象者を守ることを目的に、1971年に設立されたカウンター・スナイパー・チームは、監視と狙撃による高度な対狙撃戦術を有して警護を支援します。

CSチームの隊員はJAR(Just Another Rifle)と呼ばれるカスタム製造の.300ウィンチェスター・マグナム弾薬に準拠したボルト・アクション・ライフルを使用しています。これらのカスタム・ライフルには、Accuracy International社製のストックとSchmidt & Bender社製の光学照準器を備えたレミントンM700シリーズが用いられています。信頼性と射撃精度の高いボルト・アクション・ライフルに加え、セミオートマチック・ライフルとして7.62x51mm弾薬に準拠したKAC SR-25/Mk11 Mod 0(光学照準器としてTrijicon社製 5.5x50 ACOGを搭載)を装備しています。


・Canine Explosives Detection Unit (K-9)

1976年に設立されたK-9ユニットは、爆発物検出の専門訓練を受けた警備犬部隊であり、爆発物の脅威から保護対象者の警護活動を支援します。


・Emergency Response Team (ERT)

1992年に設立されたERTは、SWATチームに近いハイリスク・サービスを提供する警察戦術部隊(PTU)です。ERTはホワイト・ハウス及び関連施設に対する不法侵入対応に加え、その他の警護任務に対する戦術的対応を提供します。ERTの隊員は専門的かつ高度な訓練を受け、優れた身体能力と有事即応能力を維持しています。

ERTは大統領警護を専門とした戦術部隊であるCAT(Counter Assault Team)と同様、5.56x45mm弾薬に準拠したKAC(Knight's Armament Company)SR-16 CQBライフル(15.6インチ銃身)を装備しています。


上記支援部隊に所属しないUSSS UDの一般的なオフィサーは、USSSの特別捜査官と同じく.357 SIG弾薬に準拠したSIG Sauer P229を1999年からサイドアームとして採用装備しています。採用から約20年が経過したP229については、2019年から後継機種として採用された9x19mm弾薬準拠の第5世代Glockハンドガンに2021年までに置き換えられる予定です。

ほとんどの特別捜査官とUSSS UDオフィサーには携帯性と火力を両立し、小型光学照準器の搭載に対応したサブ・コンパクト・モデルのGlock 19 Gen 5 MOS(独自にフォアード・スライド・セレーションの追加、Ameriglo ボールド・ナイト・サイト、Streamlight TLR-7Aウェポンライトを標準装備)が供給されます。また、ERTやCATなど特殊作戦を敢行するSOD所属の隊員には、フルサイズのGlock 47(Ameriglo ボールド・サイト、Surefire X300ウェポンライトを標準装備)が供給されます。

また、施設警備などにおいて運用するH&K MP5(9x19mm)及びFN P90(5.7x28mm)サブ・マシンガン、レミントン M870 (12ゲージ)ショットガンなどの標準的なショルダー・ウェポンについても訓練を受けています。

しかし、他の多くの連邦法執行機関が拳銃弾に準拠したサブ・マシンガンでは重武装のテロリストに対しては力不足であるとの見解から、警備部隊の主力武装を高威力なオートマチック・ライフルに置き換えたのに対し、USSS UDではサブ・マシンガンの継続運用を行っています。警備警察力の観点からサブ・マシンガンのみでの武装は論争の余地があるにも関わらず、USSS UDでは専門訓練を受けた戦術部隊を除いてオートマチック・ライフルの装備計画は発表されていません。

致死性武器のほか、USSS UDオフィサーは低致死性武器として特別捜査官も携帯するASP社製16インチ伸縮式警棒に加え、催涙性のペッパー・スプレーを装備しています。


・Detail

アメリカ大陸を背景にUSSSの公式エンブレムである“サービス・スター(Service Star)”とクロスした狙撃銃をあしらい、USSS UDの担任区域である首都ワシントンD.C.に照準線を合わせたデザインで、部隊の性格を端的に表した特徴的なパッチです。


本品は新品として入手しました。

米国内販売規制品

背面無加工

サイズ(直径) 102mm


保管場所 「A」
出品名 「合衆国シークレットサービス(USSS) カウンタースナイパーチーム 実物エンブレムパッチ」
状態 「中古(未使用)」
数量「1」
開始価格 「800円(1枚)」

日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




USシークレットサービス ピンバッジ(星型)


  

2020年04月09日

United States Secret Service (USSS) Emblem Patch

アメリカ合衆国シークレットサービス(USSS) 実物エムブレムパッチ

・United States Secret Service (USSS)

合衆国シークレット・サービス(United States Secret Service:USSS)実物エンブレム・パッチです。

USSSは国土安全保障省(DHS)隷下にある連邦法執行機関であり、金融犯罪やサイバー犯罪をはじめとした犯罪捜査に加え、大統領をはじめとした国家指導者及びその親族の警護を主要任務としています。

USSSは米国で最も古い連邦法執行機関のひとつで、その起源はアメリカ南北戦争の終結直後にまでさかのぼります。1865年7月5日、USSSは当時蔓延していた米国通貨の偽造を取締るため、財務省の一部門として設立されました。その後、1867年にはUSSSの責任が拡大され、“政府に対する詐欺行為を犯す人物の特定”が加えられています。これによって白人至上主義団体“Ku Klux Klan(KKK)”、不適合の蒸留酒製造業者、密輸業者、郵便強盗、土地詐欺、その他の連邦法違反の捜査もUSSSの所掌業務となりました。

1901年、博覧会に出席したウィリアム・マッキンリー大統領が暗殺されたことを契機に、USSSは議会から公式に政府要人の警護任務を開始するように求められました。翌年にはホワイト・ハウスにおける常勤の大統領身辺警護がUSSSの任務に加わり、それ以降、大統領等の要人警護はUSSSの代名詞となるほど責任ある任務となっています。

米国では2001年に発生した同時多発テロ事件を契機に、諸外国の内務省的機能を有した国土安全保障省(DHS)が新設され、関係機関の整理統合によって2003年3月1日にUSSSは旧来所属していた財務省からDHSへ移管されています。今日、USSSは特別捜査官を含む約7千名の職員と約22億ドルの年間予算、米国内に116箇所の現地事務所、世界の主要都市を中心に20箇所の海外事務所を擁し、国家指導者と米国を訪問する外国要人を保護しながら、金融及びサイバー犯罪の捜査を通じて、国家安全保障に直結する金融インフラの保護にあたっています。


・Detail

USSSが設立して間もない1875年、当時のUSSSチーフ(Hiram C. Whitley)が発注した新バッジのデザインで公式採用され、現在でもUSSSの公式エンブレムとなっている“サービス・スター(Service Star)”の背後に星条旗がはためく美しいフルカラー・パッチです。

星形の各頂点は、正義(Justice)、義務(Duty)、勇気(Courage)、誠実(Honesty)、忠誠(Loyalty)というUSSSが標榜する5つの核心的価値観を表現しており、その外周にはUSSSのモットーである“Worthy of Trust and Confidence(信用と信頼に値する)”の一文があしらわれています。

本品は新品として入手しました。

米国内販売規制品

背面無加工

サイズ(直径) 115mm


保管場所 「A」
出品名 「実物 合衆国シークレットサービス(USSS) エンブレムパッチ」
状態 「中古(未使用)」
数量「1」
開始価格 「800円(1枚)」

日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




アメリカ合衆国シークレットサービスバッジ USSS Secret Service レプリカカードケース バッジ付き 連続テレビドラマ


  

2020年04月06日

PASGT Ballistic Helmet LASD

米軍制式採用 PASGT(地上部隊個人防護システム)防弾ヘルメット UNICOR社製 ロサンゼルス郡保安局(LASD)放出品




米国カリフォルニア州ロサンゼルス郡保安局(Los Angeles County Sheriff's Department:LASD)から放出されたPASGTバリスティック・ヘルメットです。
米軍制式採用 PASGT(地上部隊個人防護システム)防弾ヘルメット UNICOR社製 ロサンゼルス郡保安局(LASD)放出品




PASGT(Personnel Armor System for Ground Troops:地上部隊個人防護システム) ヘルメットは、1983年に米軍において制式採用された次世代型の軍用ヘルメットで、旧来の金属製ヘルメット(M1ヘルメット)に代わり、現在主流となった軽量な複合素材製ヘルメットの普及に先鞭を着けた画期的モデルとして有名です。

PASGTは次世代の歩兵用防弾装具として1970年代後半から米陸軍兵士システム・センター(SSC)において開発計画が進められ、一定の防弾能力を有するヘルメットとボディー・アーマー(PASGTベスト)を中核として完成しました。1980年代前半からの本格配備が始まり、1980年代末までには米陸軍の大部分において旧装備との更新が完了しています。

米軍兵士の間では新素材のケブラーが知られていたことからPASGTヘルメットを単に“ケブラー”と呼ぶことが一般的でした。また、旧来のM1ヘルメットの俗称である“スチール・ポッド”に倣い、ケブラーをもじって“K-ポッド”と呼んだり、その形状がドイツ国防軍のシュタールヘルムに似ていたことから一部の兵士からはドイツ兵を意味する“フリッツ(Fritz)”の俗称で呼ばれていました。

世界に先駆けて米軍に大量配備されたPASGTヘルメットは、NATO加盟国をはじめとした各国の次世代軍用ヘルメット開発に大きな影響を与え、後に我が国の自衛隊が採用した88式鉄帽をはじめ、類似形状の複合素材製ヘルメットが各国で開発配備されています。

米軍制式採用 PASGT(地上部隊個人防護システム)防弾ヘルメット UNICOR社製 ロサンゼルス郡保安局(LASD)放出品




PASGTヘルメットは軍用のみならず、PASGTのデザインに倣った類似製品を含んで米国内の法執行機関においても数多く採用され、1990年代の警察SWATチームの個人装備を代表するアイコンのひとつとなりました。

米国の法執行機関に納入された製品は、PASGTヘルメットの製造メーカーが軍用契約以外の戦術市場向けに生産した個体(基本デザインは同一ながら帽体塗装やチン・ストラップを黒色の法執行機関仕様に変更したものが多い)のほか、米軍納入分の余剰品や放出品として流通した個体があります。

なお、複合素材は経年劣化によって防弾性能が低下(欧米の大手防弾装具メーカーが適正な防弾性能を保証するのは製造から5年程度)することから、長期運用しているPASGTヘルメットは防弾ヘルメットとしてではなく、対銃器事案以外の暴動鎮圧作戦用や訓練用のクラッシュ・ヘルメットとして継続使用される場合も見受けられます。

また、米陸軍では2000年代前半にはPASGTヘルメットの後継であるACH(Advanced Combat Helmet)、米海兵隊及び米海軍ではLWH(Lightweight Helmet)による更新が開始され、2000年代後半には大部分の地上部隊において更新が完了しています。しかし、米国が支援する同盟国では依然としてPASGTヘルメットが広く運用されており、米海軍では2010年代に入っても艦艇勤務員が艦載火砲射撃時に着用する耐破片用の個人防護装備として、PASGTヘルメットやPASGTベスト(あるいは派生型の“U.S. Navy Flak Jacket”)を運用しています。

米軍制式採用 PASGT(地上部隊個人防護システム)防弾ヘルメット UNICOR社製 ロサンゼルス郡保安局(LASD)放出品




PASGTヘルメットの帽体は複合素材から構成され、主要素材には1960年代に米国の大手化学メーカー“デュポン(DuPont)”が開発した強靭なアラミド繊維である“ケブラー(Kevlar)”を採用しています。このバリスティック・アラミド繊維を19層に積層し、合成樹脂であるフェノール樹脂(ベークライト)を熱加工して高強度な帽体が成型されています。

PASGTヘルメットは装甲の弾道試験手順を標準化した国防総省のMIL規格(MIL-STD-662E、後にMIL-STD-662Fに改定)に基づき、一定の耐破片防御性能及び耐弾性能を満たし、一般的な9㎜パラベラムFMJ弾や.357マグナム弾など大抵の拳銃弾の貫徹を防ぐNIJ規格レベルII相当の防弾性能を有します。しかし、通常のソフト・ボディー・アーマーと同じく、現代の軍用突撃銃で運用される小口径高速弾を含み、高初速・高エネルギーのライフル弾の貫徹を防ぐことはできません。
米軍制式採用 PASGT(地上部隊個人防護システム)防弾ヘルメット UNICOR社製 ロサンゼルス郡保安局(LASD)放出品




本品は当時、PASGTヘルメットの納入メーカーのひとつであり、“UNICOR(ユニコール)”のトレード・ネームで知られるFPI(Federal Prison Industries, Inc.)が製造した個体です。UNICORは米国司法省の傘下にある連邦刑務所局(BOP)所管の国有企業であり、全米の連邦刑務所において職業訓練を受けた受刑者が刑務作業の一環で各種製品を製造供給しています。

同社はPASGTヘルメットのほか、2000年代前半にPASGTベストの後継として米軍に採用されたIBA(Interceptor Multi-Threat Body Armor System)やACH(Advanced Combat Helmet)の製造供給も請け負っています。


米軍制式採用 PASGT(地上部隊個人防護システム)防弾ヘルメット UNICOR社製 ロサンゼルス郡保安局(LASD)放出品




旧来のM1ヘルメットは鋼鉄製のシェル(外帽)と合成樹脂製のライナー(中帽)の2重構造を採用していましたが、PASGTヘルメットではライナーを廃止しました。頭部を固定するヘッド・サスペンション・システムは帽体の外周6点にボルト止めされており、同じく側頭部にボルト止めされたチン・ストラップ(顎紐)は2点支持式となっています。チン・ストラップは片側の頬部分に設けられたボタンで固定し、着用者に合わせてストラップの長さを微調整することができます。

本品はヘッド・サスペンションに本来付属するレザー製ヘッド・バンドが取り外されています。チン・ストラップなどのサスペンション・システムは完全に機能しているため、ヘルメットの着用自体は問題なくできますが、快適性をお求めの場合は別途ヘッド・バンドをご用意いただくか、サスペンション・システムの近代化アップグレード・キット等をご活用ください。




米軍制式採用 PASGT(地上部隊個人防護システム)防弾ヘルメット UNICOR社製 ロサンゼルス郡保安局(LASD)放出品




本品の帽体は米軍納入品では流通量の少ないL(LARGE)サイズで、欧米人よりも丸形で比較的頭部の大きな日本人に適したサイズです。

帽体内側には品名、DLA(国防兵站局)発注番号(Contract Number)、国防総省が指定した13桁の備品管理番号NSN(National Stock Number)、製造メーカーが印字されています。米軍納入契約品を示すコントラクト・ナンバーから1987年に受注生産された個体と分かります。




米軍制式採用 PASGT(地上部隊個人防護システム)防弾ヘルメット UNICOR社製 ロサンゼルス郡保安局(LASD)放出品




本品は米国の法執行機関からの放出品です。着用を妨げるような機能的損傷はありませんが、帽体には小傷や汚れ、金具等の金属部品には多少の錆が生じています。

長期保管品につき当然ながら防弾性能の保証はいたしません。

サイズ:L
重量:1,580g


保管場所 「A」
品名 「実物 米軍採用 PASGT防弾ヘルメット ロサンゼルス郡保安局(LASD)放出品 Lサイズ」
状態 「中古品」
数量「1」
開始価格 「4,800円」


日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




防弾ヘルメット SP-2


  

2020年04月03日

DEA High-risk Entry Apprehension Team Emblem Patch Green

DEA(麻薬取締局) 特殊部隊 HEAT( High-risk Entry Apprehension Team ) 実物エンブレムパッチ グリーン

DEA(麻薬取締局)に編制されていたHEAT(High-risk Entry Apprehension Team)実物エンブレム・パッチ(グリーン)です。

1973年に設立されたDEAはアメリカ司法省に属する連邦捜査機関であり、麻薬をはじめとした薬物の製造・濫用を規制した規制物質法(CSA)の国内執行を主導する法執行機関です。年間平均予算30億ドル以上のDEAは、国内に23の支局(Field Division)と238の現地事務所(Field Office)、さらに海外にも68ヶ国に91の現地事務所を擁し、約5千名のスペシャル・エージェントを含む職員約1万名で組織されています。


・DEA High-risk Entry Apprehension Team

HEATは一部のDEA地方支局に編制されていたSWATと同様の性格を有するハイリスク・サービス・チームで、その部隊名のとおり、家宅捜索など令状の執行に伴う強制捜査や逮捕をはじめとて、危険性の高い任務において運用される警察戦術部隊(PTU)です。

HEATのほか、DEAには“Operation Snowcap Team”と呼ばれる特殊な戦術部隊が編制されていました。同部隊は1987年から1994年にかけてDEAと合衆国国境警備隊隷下の戦術部隊であるBORTAC(U.S. Border Patrol Tactical Unit)、中南米9ヶ国の軍隊・警察によってラテン・アメリカで共同展開された大規模な麻薬撲滅作戦“Operation Snowcap”において活動し、海外における極めて危険な任務内容から参加したDEAエージェントは米軍特殊部隊の支援を受けています。同部隊は後にDEAの海外展開の主力部隊となるFAST(Foreign-Deployed Advisory and Support Team)に改編されました。また、そのFASTも名称を“Rapid Response Team(RRT)”に変更しましたが、2016年に“Special Response Team(SRT)”プログラムが創設・標準化されたことでRRTは廃止されています。

SRTは犯罪組織の重武装化や国際化をはじめ、DEAフィールド・エージェントの行う戦術作戦のリスク上昇に対応することを目的に国内の主要なDEA支局に新設されました。SRTオペレーターは銃火器や爆薬を含む様々なウェポン・システムやエントリー・タクティクスをはじめとした特殊作戦技術について高度な訓練を受けています。しかし、麻薬取締りという秘匿性の高い任務内容からSRTの活動や訓練は一般に公開されておらず、連邦捜査機関の擁する戦術部隊で最も秘匿性の高い部隊のひとつとされています。


・Detail

連邦捜査官であるDEAスペシャル・エージェント・バッジと同じ記章周囲にHEATの文字をあしらったデザインです。

本品は新品として入手しました。

背面無加工

サイズ(直径) 115mm


保管場所 「A」
出品名 「実物 DEA(麻薬取締局) 特殊部隊 HEAT パッチ グリーン」
状態 「中古(未使用)」
数量「1」
開始価格 「800円(1枚)」

日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




DEA SRT 麻薬取締局特殊対応チーム エージェント エル・パソ 1/6 アクションフィギュア 78063


  

2020年03月31日

DEA High-risk Entry Apprehension Team Emblem Patch Black

DEA(麻薬取締局) 特殊部隊 HEAT( High-risk Entry Apprehension Team ) 実物エンブレムパッチ ブラック

DEA(麻薬取締局)に編制されていたHEAT(High-risk Entry Apprehension Team)実物エンブレム・パッチ(ブラック)です。

1973年に設立されたDEAはアメリカ司法省に属する連邦捜査機関であり、麻薬をはじめとした薬物の製造・濫用を規制した規制物質法(CSA)の国内執行を主導する法執行機関です。年間平均予算30億ドル以上のDEAは、国内に23の支局(Field Division)と238の現地事務所(Field Office)、さらに海外にも68ヶ国に91の現地事務所を擁し、約5千名のスペシャル・エージェントを含む職員約1万名で組織されています。


・DEA High-risk Entry Apprehension Team

HEATは一部のDEA地方支局に編制されていたSWATと同様の性格を有するハイリスク・サービス・チームで、その部隊名のとおり、家宅捜索など令状の執行に伴う強制捜査や逮捕をはじめとて、危険性の高い任務において運用される警察戦術部隊(PTU)です。

HEATのほか、DEAには“Operation Snowcap Team”と呼ばれる特殊な戦術部隊が編制されていました。同部隊は1987年から1994年にかけてDEAと合衆国国境警備隊隷下の戦術部隊であるBORTAC(U.S. Border Patrol Tactical Unit)、中南米9ヶ国の軍隊・警察によってラテン・アメリカで共同展開された大規模な麻薬撲滅作戦“Operation Snowcap”において活動し、海外における極めて危険な任務内容から参加したDEAエージェントは米軍特殊部隊の支援を受けています。同部隊は後にDEAの海外展開の主力部隊となるFAST(Foreign-Deployed Advisory and Support Team)に改編されました。また、そのFASTも名称を“Rapid Response Team(RRT)”に変更しましたが、2016年に“Special Response Team(SRT)”プログラムが創設・標準化されたことでRRTは廃止されています。

SRTは犯罪組織の重武装化や国際化をはじめ、DEAフィールド・エージェントの行う戦術作戦のリスク上昇に対応することを目的に国内の主要なDEA支局に新設されました。SRTオペレーターは銃火器や爆薬を含む様々なウェポン・システムやエントリー・タクティクスをはじめとした特殊作戦技術について高度な訓練を受けています。しかし、麻薬取締りという秘匿性の高い任務内容からSRTの活動や訓練は一般に公開されておらず、連邦捜査機関の擁する戦術部隊で最も秘匿性の高い部隊のひとつとされています。


・Detail

連邦捜査官であるDEAスペシャル・エージェント・バッジと同じ記章周囲にHEATの文字をあしらったデザインです。

本品は新品として入手しました。

背面無加工

サイズ(直径) 115mm


保管場所 「A」
出品名 「実物 DEA(麻薬取締局) 特殊部隊 HEAT パッチ ブラック」
状態 「中古(未使用)」
数量「1」
開始価格 「800円(1枚)」

日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




Cos Moments DEA 麻薬取締局 レプリカカードケース バッジ付き