2019年03月01日

HK MP5F Retractable Rear Stock German Factory

H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


日本警察でも運用されているH&K社製MP5サブ・マシンガン専用のドイツ純正F(フランス)タイプ・リトラクタブル・ストックです。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


2000年代初頭、我が国では世界同時多発テロを発端とした国際的テロリズムの台頭や2002年のFIFAワールドカップ開催に伴う警備警察力強化を目的にして、警察庁が全国の各都道府県警察本部警備部機動隊に所属する銃器対策部隊に対し、サブ・マシンガンの大量配備を決定しました。

当時、既に警視庁所属のSAT(特殊急襲部隊)などの特殊部隊において非公開で運用実績のあったH&K社製MP5が選定され、平成13年度補正予算によって1,379丁が調達されていす。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


警察庁が新たに調達したMP5は、3発制限点射が可能な3バースト・トリガー・グループを装備し、F(フランス)タイプと呼ばれる厚手の硬質ラバー製リコイル・パッドが設けられた新型のリトラクタブル・ストックと大型の純正フラッシュ・ハイダーを標準装備した当時世界でも最新仕様のMP5でした。

さらに光学照準器であるドット・サイト(Aimpoint社製COMP M2シリーズ)の装着運用を予め想定し、警視庁所属銃器対策部隊による2002年の初公開時から、スイスのB&T社製ロー・プロファイル・マウントを装着した豪華仕様です。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


一見すると3バースト・トリガー・グループとリトラクタブル・ストックを装備したシンプルなMP5A5なのですが、初公開時に専門誌でも憶測を呼んだのが本品であるFタイプのリトラクタブル・ストックを装備していたことです。

旧来のリトラクタブル・ストックを改良した新型Fタイプ・ストックは、元々は1990年代後半にフランスの準軍事組織である国家憲兵隊の要請によって約35,000丁が大量発注されたことを受け、H&K社が旧来のMP5A5に大幅な改良を施し、1998年に“フランス”の国名を冠して登場した新型“MP5F(H&K社内での識別名称はMP5E2)”と共に新規設計開発されたものです。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


新型リトラクタブル・ストックの装備以外に外観上の大きな変化は認められませんが、MP5Fの最大の変化は内部構造の大幅な強化にあります。

フランスはMP5の調達にあたり、NATO標準弾薬である通常の9x19mm弾薬よりも装薬量を増し、より高初速で高威力を発揮する強装弾の使用に耐えることを要求していました。このため、H&Kでは米国で市販されている“+P”や“+P+”などの一般手的な強装弾を大幅に上回る軍用強装弾の高圧力にも耐えるよう、ボルト・グループ・アッセンブリーをはじめとした撃発機構の関連部品を中心に大幅な設計変更を加えました。この結果誕生した新型のMP5Fでは、数万発単位に及ぶ強装弾の実射試験でも作動不良は生じず、旧来のMP5に比べて飛躍的に耐久性が強化されたのです。

これら内部構造の改良は、現行供給されている全てのMP5シリーズに引き継がれています。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


リトラクタブル・ストックを装備したMP5シリーズでは、撃発時に激しく前後動するボルト・グループの衝撃を吸収する合成樹脂製のバッファーがストック基部に設けられており、強装弾を使用するMP5Fに対応した強化型バッファー・システム搭載のストックを新規設計する必要がありました。そこで誕生したのが本品であるFタイプ・ストックです。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


バッファー・システムの強化という内部的改良だけでなく、Fタイプ・ストックでは外観上も大きな改良が施されています。旧来の伸縮式構造を採用したリトラクタブル・ストックは、金属製のストック・フォーク後端に合成樹脂製のバット・プレートが装備され、肩当て部分には滑り止め用のチェッカリングが成形されていました。

新型のFタイプ・ストックでは後端の合成樹脂製バット・プレート自体の全長が第1世代型旧型ストックの約35mmから約80mmまで延長され、全体の強度が増しています。また、元々採用されていたバット・プレート上部の左右に傾斜を持たせた部分もチーク・パッドの役割を与えるため、約30mmから約60mmに延長されており、射撃照準時の頬付けが容易になりました。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


さらにバット・プレートの肩当て部分には、先行のG36シリーズやUMPシリーズなどで採用されていた1/2インチ(12.7mm)厚の硬質ラバー製リコイル・パットが装備され、射撃時のリコイルによる射手の負担を軽減しています。

チェッカリングが成形されただけの旧来のリトラクタブル・ストックやフィクスド・ストックに比べ、滑り止め効果の高いラバー製リコイル・パッドが装備されたことで現代戦に不可欠なナイロン製ボディー・アーマー・ベストをはじめ、衣類などの滑りやすい素材でも確実な肩当てが可能になりました。

また、厚手の衝撃吸収能力に優れたリコイル・パッドを装備したことで、誤ってストック側から地面に銃を落下させた場合でも高さ2m以内であれば安全性が保たれ、暴発や銃本体の破損のリスクを防ぎます。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




MP5Fでは左利き射手にも対応できるようにアンビデクストラス・デザインが要求仕様にありました。旧来のMP5シリーズではフロント・サイト・タワーとストック基部の左側にスリング・ループが固定されているだけでしたが、MP5Fでは左右両側にループが設けられたプレート状のスリング・ループ(デュアル・スリング・アイレット)がフロント・サイト・タワー下部に溶接固定され、両側からスリング・アタッチメントの接続が可能となりました。

当然ながらFタイプ・ストック基部の右側下部にも新たにスリング・ループが設けられています。旧来からある左側上部のスリング・ループと設置位置を対称としなかったのは、レシーバー右側上部に位置する排莢口周辺にスリングが干渉しないよう考慮したためです。

また、バット・プレート下部にもスリング・ループが追加され、バンジー・スリングなど単点式スリングの運用が容易になっています。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック
ストック・フォークの伸縮構造は旧来と同様で、基部に設けられたロッキング・レバーを倒すことでロックが解除され、ストック・フォークの伸縮が可能となります。

このロッキング・レバー及び基部後端のバック・プレートは第1世代型のリトラクタブル・ストックでは金属製でしたが、改良型の第2世代型からは共に軽量な合成樹脂製に変更されました。この仕様変更はFタイプ・ストックでも引き継がれていますが、ユーザー間では金属製で堅牢な旧型ロッキング・レバーに比べ、合成樹脂製のロッキング・レバーは破損しやすいという問題点も指摘されています。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




旧来のMP5シリーズのリトラクタブル・ストックは、ストック基部にスプリング内蔵のロッドが設けられており、ストック収縮時はバット・プレート内側に内蔵された金属プレートに接触しています。そのため、ロックを解除した際に開放されたロッドがスプリングの圧力でストック・フォークを僅かに押し出し、射手が引き伸ばしやすい位置までストック・フォークが飛び出すという親切な工夫が施されていました。

新型のFタイプ・ストックでもこの構造は引き継がれていますが、バット・プレートの全長が大幅に増したことに伴い、ロッド機構などが格納されているストック・キャップ・ブッシングも大型化されているのが特徴です。






H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


MP5本体と同じく堅牢なスチール製ストック基部内側には、緩衝機となる半透明の合成樹脂製H型バッファーが半固定されています。このバッファーはMP5パーツの部品の中でも劣化による交換率の高い消耗品であり、接着剤などで接着されているわけではなく、バッファー後端の突起部をストック基部に押し込んで保持しているだけです。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


元々はMP5F専用に開発されたFタイプ・ストックですが、旧来のMP5シリーズと完全互換性を保っており、旧型ストックと換装することで容易にアップグレードすることが可能です。

ということで早速、手持ちのMP5A5(無可動実銃)の旧型ストックと交換してみます。

ちなみに本品に装備されているのは、金属製のロッキング・レバーとバック・プレートを備えた第1世代型旧型ストックです。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


ストック基部のプッシュ・ピン1本を引き抜くことで、ストックはレシーバーから容易に引き抜けます。






H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




そして元の位置にストックをはめ込み、プッシュ・ピンを押し込むだけで固定完了。慣れてしまえば交換作業は数十秒以内に終えることができます。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




なお、MP5シリーズは基本的には工具なしでフィールド・ストリッピングが可能ですが、製造国や年代の違いなどで銃の個体によってはプッシュ・ピンの固定が非常に固い場合があるので、プラスチック・ハンマーなどの工具があると作業が楽になります。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック
やはり旧型ストックに比べ、大型化されたバット・プレートが目を引きます。

第1世代型の旧型ストックに比べ、Fタイプ・ストックは収縮時の全長で約50mm、引き伸ばした展開時で全長が約30mmほど延長されています。

また、これに比例して本体重量も旧型ストックが約700gに対して、Fタイプ・ストックの本体重量は約830gで、約130g重量が増しています。






H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




こちらはストック収縮時の収納状態。






H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




ストック基部下方に設けられたロッキング・レバーを倒し、ロックが解除されると内蔵のロッドがスプリングの圧力でバット・プレートを押し出し、僅かにストック・フォークが飛び出します。






H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック
ストックを最大まで引き伸ばしたロッキング状態。旧型ストックでは展開時にストック・フォークがほんの僅かに上下動する動揺が認められましたが、新型のFタイプ・ストックでは、展開時でもストック・フォークの固定に一切の動揺はなく、構造的にも優れた設計であることが分かります。

Fタイプ・ストックは、米国で市販されている強装弾“+P”は無論、より高圧力な“+P+”などにも対応しているため、レシーバー形状の異なるMP5Kシリーズを除き、通常弾仕様を含む全ての現行MP5シリーズ(民間市場向けのHK94シリーズを含む)と互換性を有しています。

また、Fタイプ・ストックの登場以降、H&K社においても旧型ストックの製造供給自体を終了したため、現行販売されているリトラクタブル・ストック仕様のMP5シリーズにはFタイプ・ストックが標準装備されています。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


なお、Fタイプ・ストックには改良型を含む数種類のバリエーション展開がなされ、厚手のボディー・アーマー・ベストの着用を考慮して4段階にストック伸縮長を固定できようになった4ポジション・タイプ、米国の法執行機関向けに開発された派生型のMP5/10(10x25mmオート弾薬準拠仕様)及びMP5/40(.40S&W弾薬準拠仕様)に対応したユニバーサル・タイプなどがあります。

旧来のMP5シリーズには無かったボルト・キャッチ機構が採用され、レシーバー左側面にボルト・リリース・ボタンを新設されたMP5/10及びMP5/40に対応するため、ユニバーサル・タイプ・ストックではボルト・リリース・ボタンが干渉する一方のストック・フォーク前端に切り欠きの加工が施されているのが特徴です。

現行供給モデルの最新型であるユニバーサル・タイプ・ストックは、上記口径の異なる派生型のほか、9x19mm弾薬準拠仕様を含む全てのMP5シリーズ(MP5Kシリーズを除く)に対応しています。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


3バースト・トリガー・グループを装備したMP5A5にFタイプ・ストックと純正フラッシュ・ハイダーを装備したことで、日本警察仕様に限りなく近づいたMP5A5。当初、標準装備されていたB&T社製ロー・プロファイル・マウントではなく、NAR(NATOアクセサリー・レール)に準拠したB&T社製ミッド・レンジ・マウント(ショート)をスコープ・マウント・ベースに装着しています。同マウントは実際に埼玉県警察本部警備部機動隊所属の銃器対策部隊RATS(機動戦術部隊)での運用が公開訓練において確認されています。

また、マウント上には光学照準器として、同じくRATSにおいて運用が確認されたEOTech(現在は米国防衛産業大手“L-3 Communications”の兵装部門“Warrior Systems Division”傘下)社製モデル512 HWS(ホログラフィック・ウェポン・サイト)が搭載されています。モデル512 HWSは、主に軍用向けのモデル552から暗視装置対応モードを省いた廉価版で、MP5を大量運用している英国警察をはじめ、暗視装置を併用した高度な特殊作戦を前提としない各国の法執行機関における採用が目立ちます。

付属のFタイプ・ストックについては、2002年の警視庁銃器対策部隊による初公開時、本品と同じ通常の2ポジション・タイプであることが確認できましたが、近年の銃器対策部隊やSATによる公開訓練では、前述した派生型である4ポジション・タイプの運用が確認できます。MP5の大量採用から15年以上が経過するなか、耐用年数に達した銃本体の更新や増勢に伴う新規調達、また消耗部品としてストックを交換する機会があると考えられ、近年の更新分から4ポジション・タイプに切り替わったものと推測されます。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


MP5Fは、元々フランス政府機関向けに開発されたモデルですが、1999年からは米国の軍・警察市場向けにも輸出が開始されており、強装弾を使用する法執行機関を中心に採用されています。なお、米国向けのモデルはオリジナルのフランス向けMP5Fとは異なり、通常弾仕様のMP5A5と同じく、アンビデクストラス仕様のフロント・スリング・ループ(デュアル・スリング・アイレット)を装備していないなど細部パーツの採用に若干の差異があります。また、既存の通常弾仕様MP5のアップグレード・パーツとして、MP5F仕様のボルト・グループ・アッセンブリーやリコイル・スプリング・ロッド・アッセンブリーなどの関連パーツが供給されています。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




では最後まで残った疑問。日本警察が採用したMP5は、米国市場向けと同じように輸出型のMP5Fなのかというと、これには議論の余地が残ります。

それは通常弾仕様のMP5A5の供給が現在も続いている中、あえて強装弾仕様のMP5Fを選定採用する必要があるのかという点。前述したようにMP5Fで行われたボルト・グループ・アッセンブリーなど内部構造の基本的な強化改良は、後に生産されたMP5シリーズに引き継がれています。しかし、強装弾を使用するMP5Fではリコイル・スプリング・ロッド・アッセンブリーも高威力なMP5/10/40と共通の反発力の強いものになっており、通常弾を使用する際はリコイル・スプリング・ロッド・アッセンブリーも通常弾に対応した標準仕様のものに戻すことが推奨されています。

つまり、高圧力に対応した強装弾仕様のMP5Fで通常弾を使用すると、全く撃てないわけではありませんが、装薬の圧力不足で動作不良を起こすリスクが生じるということです。仮に日本警察が採用したMP5が強装弾に対応したMP5Fだとすると、必然的に機動隊に所属している銃器対策部隊では“+P”や“+P+”などの強装弾を運用していることになります。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




日本警察ではサブ・マシンガン以外にも9x19mm弾薬に準拠した複数種類のオートマチック・ピストルを各都道府県警察本部で採用しており、SATや銃器対策部隊などの戦術部隊だけでなく、S&W M3913などは長らく刑事部に所属する捜査員にも運用されています。SATなどの少数精鋭の対テロ特殊部隊向けは例外としても、MP5が配備された全国の機動隊を含めた弾薬の調達経費や相互運用性を鑑みると、日本警察が全国的に同一口径で通常弾と強装弾の2種類の弾薬を運用していると仮定するのは現実的ではないように思います。

また、1980年代には現在の警視庁SATの前身組織であるSAP(Special Armed Police)が既にMP5を導入運用していたことが判明しており、仮に日本警察がMP5Fを採用したと過程しても20年間近くは通常弾仕様のMP5を運用していたことになります。さらに銃器対策部隊向けMP5が大量導入されて5年以上が経過した2007年、報道公開された警視庁SATの実弾射撃訓練では、依然として通常弾仕様のMP5A5の運用が確認されており、国内治安維持最後の砦であるSATでも強装弾を運用していないことが分かります。

これらの点を考慮しても、SATの補完的存在でもある銃器対策部隊向けMP5のみを強装弾仕様として混在させる積極的理由が見当たりません。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




よって個人的な結論としては、2000年代初頭に日本警察が大量導入したMP5は強装弾仕様のMP5F(MP5E2)ではなく、MP5Fと同等の改良が引き継がれた通常弾仕様のMP5A5であると考えています。時期的にもMP5F向けに開発されたFタイプ・ストックがMP5シリーズの標準リトラクタブル・ストックとなっていることからも裏付けられるでしょう。

ただし、MP5FとMP5A5の外観的な差異はほとんどなく、そもそも米国市場向けMP5に見られるように発注内容によってトリガー・グループは無論、スリング・ループやエクステンデット・セーフティー・セレクター・レバー(ESSL)などの外装部品を自由に選択できる以上、オリジナルのフランス仕様MP5Fとの外観比較も無意味です。

これらは公に得られる情報のみによる推察であり、日本警察が強装弾を運用しているかは部外者には知る由もありません。あくまで現段階における個人的推察の域を出ませんので、あしからず・・・。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




本品は本家ドイツH&K社製の新品です。

実銃専用部品のため、実銃と規格の異なるトイガンへは装着できません。




本体重量:約830g


保管場所 「A」
出品名 「実物 H&K社製 MP5Fタイプ リトラクタブルストック 日本警察採用型」
状態 「中古」
開始価格 「120,000円」

※上記は保管上の参考事項です。個別販売はしておりません。詳細は当ブログ概要ページをご覧ください。




日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




No78 H&K MP5-J (18歳以上スタンダード電動ガン)


  

2019年02月20日

HK MP5 Flash Hider for 3-Lug Barrels German Factory #03

H&K MP5 フラッシュ・ハイダー


H&K MP5サブ・マシンガン専用の純正フラッシュ・ハイダー(9x19mm パラベラム弾薬対応)です。

本品はH&Kが旧来から製造しているMP5サブ・マシンガン専用フラッシュ・ハイダーであり、MP5シリーズ共通のマズル・アタッチメント規格である3ラグ・バレルを利用して装着します。

堅牢なスチール製の本体にバード・ケージ型のスリットが6つ設けられており、銃のマズル部分に装着することで射撃時のマズル・フラッシュ(発砲火炎)を抑制する効果があります。

H&K MP5 フラッシュ・ハイダー

我が国においても2002年のFIFAワールドカップ開催に伴う警備力強化を目的に、警察庁が全国の各都道府県警察所属銃器対策部隊に大量配分したMP5サブ・マシンガンに本品が標準装備されています。

また、1990年代からMP5サブ・マシンガンを先行導入していた警視庁所属のSAT(特殊急襲部隊)では、当初公開訓練においてもフラッシュ・ハイダーの装着が確認されていませんでしたが、現在では各都道府県警察所属のSATにおいてもMP5サブ・マシンガンへの装着が確認されています。

H&K MP5 フラッシュ・ハイダー

本体に設けられた独自のスライド・ロック機構の採用により、フラッシュ・ハイダーの装着に工具などは一切不要で、慣れてしまえば数秒以内で作業を終えることができます。

東京マルイ製電動ガンMP5シリーズ付属のフラッシュ・ハイダーも本家ドイツ純正の本品を再現したもので、その装着方法は既にご存知の方も多いかと思います。

H&K MP5 フラッシュ・ハイダー

まず、フラッシュ・ハイダー基部外周に設けられたスライドを横方向に動かしてロックを解除し、フラッシュ・ハイダーを3ラグ・バレルに覆い被せます。

その後、スライドを元の位置に戻しせば3ラグとスライドがロックされ、バレル先端にフラッシュ・ハイダーが固定されます。


H&K MP5 フラッシュ・ハイダー

フラッシュ・ハイダー及び3ラグ・バレルの工作精度の高さから、ロック後のマズルへの固定は強固で、一切のガタつきはありません。

本品は本家ドイツ純正品ですが、純正フラッシュ・ハイダーも製造年代によって、スライド・ロック機構のデザインに僅かな差異があるなど、数種類のバリエーションが確認されています。




H&K MP5 フラッシュ・ハイダー


9x19mm パラベラム弾薬に準拠し、3ラグ・バレルを装備したMP5シリーズへの装着に対応しています。

.40S&W弾薬準拠のMP5/40など口径の異なるMP5シリーズでは使用できません。

また、3ラグ・バレルの直径が実銃より大きい東京マルイ製電動MP5シリーズやVFC製MP5シリーズをはじめ、実銃と規格の異なるトイガンには装着できません。

実弾射撃で使用した中古品のため、内部に発射薬の燃焼残渣が僅かに付着していますが、外観に大きな傷や錆は認められず、全体的には良品と言える状態を保っています。


本体重量:約130g




保管場所 「A」
出品名 「実物 H&K MP5 専用フラッシュ・ハイダー ドイツ純正品」
状態 「中古」
数量 「1」
開始価格 「19,800円」

※上記は保管上の参考事項です。個別販売はしておりません。詳細は当ブログ概要ページをご覧ください。




日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




SportPro CYMA製 027 電動ガン MP5用 フラッシュハイダー メタル製 - ブラック


  

2019年02月17日

HK Claw Mount with Picatinney Rail German Factory #03

G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)


各都道府県警察のSAT(特殊急襲部隊)や銃器対策部隊など日本の警察特殊部隊で現行採用されているH&K社製のスコープ用クロウ・マウント(ピカティニー規格レール・アダプター付き)です。

同一のマウント規格を有するG3シリーズ及びHK33シリーズ、MP5シリーズなどに対応しており、固定にネジなどを用いないH&K独自のクロウ・マウント方式のため、ワンタッチで銃にスコープを装着することができます。

マウント本体は堅牢なスチール製で、マウントにレール・アダプターを装着していない状態でも重量が300g以上あり、アルミニウム合金製で軽量かつ高強度なロープロファイル・マウントが主流の現代では非常に珍しくなった旧式マウントです。


G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)


長年にわたってドイツ連邦軍などでの採用実績があり、ドイツの著名な大手光学器機メーカーである“Carl Zeiss(カール・ツァイス)”グループ傘下“HENSOLDT(ヘンゾルト)”(2006年に“Carl Zeiss Sports Optics”に改名)社製のZFスコープ(4倍率)などを無加工で装着可能です。

G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)
本品には20mm幅のピカティニー規格レール・アダプター(全長15.5mm / 15スロット)が装着されており、MP5サブ・マシンガンをはじめとした各種HKウェポンにおいてHWS(ホログラフィック・ウェポン・サイト)や高倍率スコープをはじめとした最新の光学照準器を搭載運用することができます。

十分な全長の確保されたロング・タイプのレール・アダプターは軽量かつ高強度なアルミニウム合金製(単体重量約50g)で、近年の対テロ特殊作戦に不可欠な暗視装置やマグニファイア(拡大鏡)をはじめとした各種オプション・デバイスとの縦列装着が可能です。なお、警視庁SATでは過去の公開訓練において、EOTech社製Model EXPS3 HWSと3倍固定倍率の望遠機能を有する同社製Model G33マグニファイアを本クロウ・マウントに装着しての運用が確認されています。
G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)

本体側面には、米国をはじめNATO加盟国共通の調達物資管理コードであるNSN(National Stock Number)が刻印されており、本品は光学照準器及び測距装置に分類されています。また、NIIN(National Item Identification Number)コードから本品の原産国(新規コード登録国)がH&Kが本社を置くドイツであることが分かります。

G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)


左側面の可倒式固定用ラッチと、右側面に設けられた逆さL字型の固定用ラッチ解除レバーを操作することで、レシーバー上にマウントを固定します。

マウントの装着は慣れれば片手でも数秒で終えることができ、銃への光学照準器の装脱着が容易です。しかし、近年主流のネジ止めによる完全固定式マウントと比べ、解除レバーに外力が加わると意図せずマウントが脱落する危険性があるため、現在ではこの種の旧式マウントを運用する戦術部隊は世界的にも珍しくなっています。


G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)


スコープなどの光学照準器を装着した状態でも近接射撃や器機の故障などに備え、アイアンサイトでも照準が行えるようH&K社製のクロウ・マウントには、マウント内に空洞状のサイトラインが確保されています。
G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)




本品は中古品として入手しましたが、表面一部に薄錆が浮いている以外は目立った傷などはなく良品といえる状態です。

サード・パーティーから販売されているオプションのレール・アダプターは新品を装着しています。

VFC MP5シリーズには無加工で装着可能ですが、実銃専用マウントのため、実銃と規格の異なるトイガンへは装着できない場合があります。




本体重量:約370g(レール・アダプターを含む)


保管場所 「A」
出品名 「実物 H&K社製 G3/MP5対応 20mmレール付きクロウマウント」
状態 「中古」
開始価格 「29,800円」

※上記は保管上の参考事項です。個別販売はしておりません。詳細は当ブログ概要ページをご覧ください。




日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




ボルトエアソフト リコイルショック電動ガン MP5J B.R.S.S 日本仕様 BR-18


  

2019年02月14日

A.R.M.S. Claw Mount for HK Firearms #02

H&K G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント


警視庁SAT(特殊急襲部隊)での運用が確認されたA.R.M.S.社製のスコープ用クロウ・マウント(A.R.M.S. #1 H&K G-3/MP-5/91 Scope Mount)です。

同一のマウント規格を有するG3シリーズ及びHK33シリーズ、MP5シリーズなどに対応しており、固定にネジなどを用いない特徴的なクロウ・マウント方式のため、ワンタッチで銃にスコープを装着することができます。

鋼鉄製のマウント重量は350g近くあり、小型軽量なロープロファイル・マウントが主流の現代では非常に珍しくなった旧式マウントですが、日本の警察特殊部隊をはじめ、バリスティック・フェイス・シールドなどの運用上の制約からハイ・マウントを求める一部の戦術部隊では現在でも一定の需要があります。

余談ですが、東京マルイがG3/MP5シリーズ専用に数年前まで販売していた着脱式のクロウ・マウントは、本家のH&K社製ではなく、このA.R.M.S.社製のデザインをコピーしたものです。


H&K G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント

1980年に操業された米国の主要ガン・アクセサリー・パーツ・メーカーのひとつである“A.R.M.S.:ATLANTIC RESEARCH MARKETING SYSTEMS”社は、“S.I.R.(Selective Integrated Rail)”システムをはじめとした最新のレール・システムやアイアン・サイト、スコープ・リング、 マウント・ベース、スペーサーなど、主にM4/AR15ライフル向けの軍用・民生向けアクサリー&アップグレード・パーツの開発製造を行っています。同社が製造したレール・システムが1995年に米軍ミルスペックの“MIL-STD-1913”ピカティニー・レールとして採用されたことは有名です。


H&K G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント

本体の鋼材には優れた強度重量比を有するクロムモリブデン鋼(4140低合金鋼)を採用しており、表面には艶消し黒色が特徴的な腐食防止用のパーカ・ライジング(リン酸塩皮膜処理)が施されています。


H&K G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント


本体上面には20mm幅のスロットが5つ成型されており、対応したスコープ・リングなどを装着することができます。なお、90年代後半以降は米軍ミルスペックの“MIL-STD-1913”ピカティニー・レール規格仕様に準拠したレールに改良され、より汎用性が高まっています。


H&K G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント


本体右側面には“A.R.M.S”の社名に続き、本社住所地(West Bridgewater, MA 02379-1620 U.S.A.)、対応機種であるG3シリーズの名称が刻印されています。


H&K G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント


光学照準器を搭載するレールとマウント本体の一体化やマウント固定に用いるロッキング・レバー位置の差異などを除き、全体的な本体デザインはH&K社製の伝統的なクロウ・マウントを踏襲しており、銃へのマウント固定方法も同一です。慣れてしまえばマウントの装着作業は片手のみでも数秒以内に終えることができます。








H&K G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント


スコープなどの光学照準器を装着した状態でも近接射撃や器機の故障などに備え、アイアンサイトでも照準が行えるようH&K社製のクロウ・マウントと同じく、マウント内に空洞状のサイト・ラインが確保されています。


H&K G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント



我が国では北海道洞爺湖サミットの開催を控え、2007年7月に行われた警視庁所属SATの実弾訓練の報道公開以降、同部隊がMP5サブ・マシンガンにH&K純正のクロウ・マウントを装着し、EOTech社製モデル551 HWS(ホログラフィック・ウェポン・サイト)を運用していることが確認されていました。

しかし、2015年12月に報道公開された警視庁SATと神奈川県警SATとの合同訓練において、旧来運用してきたH&K純正クロウ・マウントに混じり、一部隊員がA.R.M.S.社製クロウ・マウントを使用していることが判明しました。なお、この合同訓練では光学照準器がEOTech社製モデル551 HWSから同社製の更新機種であるモデルEXPS3 HWS(暗視装置などとの併用を前提にモデルXPS3の背面操作ボタンを側面に配置変更したうえ、アイアン・サイトとの併用に支障をきたさないようにマウント・ベースを7mm嵩上げ、さらに着脱が容易なクイック・デタッチ・レバーを装備した特殊作戦向けモデル)への更新も確認されました。




H&K G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント


▲ネービー・トリガー・グループ(セーフ、セミオート、フルオート)搭載のMP5A3サブ・マシンガンを携行する2000年代前半の警察特殊部隊所属オペレーター。MP5の標準ハンドガードはMP5シリーズ専用に設計されたトリプル・レール・システムであるSUREFIRE社製M63ピカティニー・レール・フォアエンドに換装されている。M63の本体は軽量かつ高強度なアルミニウム合金製で、表面処理には優れた耐磨耗性と硬度を誇るMIL-A 8625F ハード・アノダイズド・アルマイト(硬質陽極酸化処理)加工が施されている。また、本体の軽量化と銃身から放射される熱を効率よく外気に伝達させるため、本体上部には空気循環に優れた大胆な開放部を設け、レール部分などにも多数の放熱用ホールが設けられている。ハンドガード・ロッキング・ピンを利用した固定方法を採用しているため、特別な工具を用いずに標準装備のハンドガードと換装するだけで、既存のMP5でも容易にレール・システムの運用を開始できることが最大の特徴だ。特殊作戦に対応する剛性と運用時の装着精度を保ちながら、限界まで軽量化を図った秀逸なデザインの採用によって本体重量は約150gと軽量であり、標準装備のハンドガードと換装しても射手への負担は少ない。現在、市場に流通するMP5専用レール・システムの中でも、M63は高品質と低価格を両立した代表的な製品として多くの戦術部隊から高い評価を受け、各国の軍・警察・各種法執行関係機関に採用されている。我が国でもMP5を運用するSAT(特殊急襲部隊)や銃器対策部隊をはじめ、一部の警察特殊部隊においてM63の運用が確認されている。





H&K G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント


▲M63ピカティニー・レール・フォアエンドの下面には、ピカティニー規格レールに対応したSUREFIRE社製M900Aバーティカル・フォアグリップ・ウェポン・ライトが装着されている。モジュラー・レール・システム普及の過渡期にあった2000年代前半、M900Aはモジュラー・レール・システム向けバーティカル・フォアグリップと大出力ウェポン・ライトの両機能を人間工学に基づいて合成した画期的なモデルとして登場した。防水・防塵構造の本体外装には、ガラス繊維を含む強化合成樹脂(ナイトロン・ポリマー)と航空機鋼材用のアルミニウム合金が用いられ、優れた耐久性と軽量化を実現している。バーティカル・フォアグリップ部分に3本のCR123Aリチウム・バッテリーを内蔵し、光源には耐衝撃構造のベゼル内部にMN10キセノン・バルブ・(光束125ルーメン)を搭載。バーティカル・フォアグリップ両側面にテープ状の間欠点灯用モーメンタリー式スイッチが設けられており、フォアグリップを把持した状態のままスイッチの操作ができる。また、ランプ・アッセンブリーの後部には常時点灯用のロータリー式スイッチも設けられ、継続したライティングも可能だ。さらに、バーティカル・フォアグリップ上方後部に設けられたモーメンタリー式スイッチを押下することで、ランプ・アッセンブリー上部に設けられた2灯の低出力LEDナビゲーション・ライトを点灯することができ、自己位置の暴露を最低限に抑えながら、進行経路などを照らすことができる。本個体のナビゲーション・ライトは標準的な白色LEDだが、他にも赤色LED及び青色LED、IR(赤外線)LEDを搭載したバリエーション・モデルが製造された。





H&K G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント


▲MP5のコッキング・チューブ・エンド・キャップはHKウェポン対応のSUREFIRE社製M21マウントに換装され、接続に対応した同社製ランプ・モジュール・システムが搭載されている。二股に分岐したA16デュアル・アダプターを介してL72レーザー・サイト・モジュール(出力5mWの赤色可視光レーザー・サイト・システム)とP60バルブ内蔵のL30ランプ・モジュール(暗視装置の併用に対応したF12 IRフィルター付き)を装着している。このようなデュアル・アダプターを用いた複数のイルミネーターの組み合わせは、フランス国家憲兵隊所属の対テロ特殊部隊であるGIGN(国家憲兵隊治安介入部隊)が1990年代後半から2000年代前半にかけて好んで運用していた。MP5レシーバー上部のマウント・ベースには、GIGNでも運用が確認されているA.R.M.S.社製のクロウ・マウントが装着され、光学照準器として暗視装置の運用に対応したEOTech(現在は米国防衛産業大手“L-3 Communications”の兵装部門“Warrior Systems Division”傘下)社製モデル552 HWS(ホログラフィック・ウェポン・サイト)が搭載されている。また、MP5に装着された30発容量マガジンには、H&K社製の純正マガジン・クランプを介して予備マガジンが連結されており、マガジン交換を容易にしている。





H&K G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント

▲A.R.M.S.社製クロウ・マウントにEOTech社製モデル511 HWS(ホログラフィック・ウェポン・サイト)を装着した状態。警視庁SATなどで運用されている構成だ。





H&K G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント

▲A.R.M.S.社製クロウ・マウントは、H&K社製クロウ・マウントと同じく、銃のアッパー・レシーバー上部に加工されたマウント装着用の凹凸部とクロウ・マウントの爪部を咬み合わせて固定する。マウントには脱落防止用のロック機構が設けられているため、スコープなど大型の光学照準器を装着してもロッキング・レバーに触れない限り、外部からの衝撃で脱落する心配は少ない。





本品は中古品として入手しましたが、目立った傷や錆なども見受けられず良品といえる状態です。

VFC MP5シリーズには無加工で装着可能ですが、実銃専用マウントのため、実銃と規格の異なるトイガンへは装着できない場合があります。




本体重量:約350g


保管場所 「A」
出品名 「警視庁SAT採用 ARMS社製 G3/MP5対応 クロウマウント」
状態 「中古」
開始価格 「19,800円」

※上記は保管上の参考事項です。個別販売はしておりません。詳細は当ブログ概要ページをご覧ください。




日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




No71 H&K MP5 R.A.S. (18歳以上スタンダード電動ガン)


  

2019年02月08日

HK MP5 Flash Hider for 3-Lug Barrels German Factory #02

H&K MP5 フラッシュ・ハイダー

H&K MP5サブ・マシンガン専用の純正フラッシュ・ハイダー(9x19mm パラベラム弾薬対応)です。

本品はH&Kが旧来から製造しているMP5サブ・マシンガン専用フラッシュ・ハイダーであり、MP5シリーズ共通のマズル・アタッチメント規格である3ラグ・バレルを利用して装着します。

堅牢なスチール製の本体にバード・ケージ型のスリットが6つ設けられており、銃のマズル部分に装着することで射撃時のマズル・フラッシュ(発砲火炎)を抑制する効果があります。

H&K MP5 フラッシュ・ハイダー

我が国においても2002年のFIFAワールドカップ開催に伴う警備力強化を目的に、警察庁が全国の各都道府県警察所属銃器対策部隊に大量配分したMP5サブ・マシンガンに本品が標準装備されています。

また、1990年代からMP5サブ・マシンガンを先行導入していた警視庁所属のSAT(特殊急襲部隊)では、当初公開訓練においてもフラッシュ・ハイダーの装着が確認されていませんでしたが、現在では各都道府県警察所属のSATにおいてもMP5サブ・マシンガンへの装着が確認されています。

H&K MP5 フラッシュ・ハイダー

本体に設けられた独自のスライド・ロック機構の採用により、フラッシュ・ハイダーの装着に工具などは一切不要で、慣れてしまえば数秒以内で作業を終えることができます。

東京マルイ製電動ガンMP5シリーズ付属のフラッシュ・ハイダーも本家ドイツ純正の本品を再現したもので、その装着方法は既にご存知の方も多いかと思います。

H&K MP5 フラッシュ・ハイダー

まず、フラッシュ・ハイダー基部外周に設けられたスライドを横方向に動かしてロックを解除し、フラッシュ・ハイダーを3ラグ・バレルに覆い被せます。

その後、スライドを元の位置に戻しせば3ラグとスライドがロックされ、バレル先端にフラッシュ・ハイダーが固定されます。






H&K MP5 フラッシュ・ハイダー

フラッシュ・ハイダー及び3ラグ・バレルの工作精度の高さから、ロック後のマズルへの固定は強固で、一切のガタつきはありません。

本品は本家ドイツ純正品ですが、純正フラッシュ・ハイダーも製造年代によって、スライド・ロック機構のデザインに僅かな差異があるなど、数種類のバリエーションが確認されています。




H&K MP5 フラッシュ・ハイダー




9x19mm パラベラム弾薬に準拠し、3ラグ・バレルを装備したMP5シリーズへの装着に対応しています。

.40S&W弾薬準拠のMP5/40など口径の異なるMP5シリーズでは使用できません。

また、3ラグ・バレルの直径が実銃より大きい東京マルイ製電動MP5シリーズやVFC製MP5シリーズをはじめ、実銃と規格の異なるトイガンには装着できません。

中古品ですが、装着時には見えない取り付け基部付近に僅かに薄錆が浮いている以外は、大きな擦れや傷は認められず、全体的には良品と言える状態を保っています。


本体重量:約130g




保管場所 「A」
出品名 「実物 H&K MP5 専用フラッシュ・ハイダー ドイツ純正品」
状態 「中古」
数量 「1」
開始価格 「19,800円」

※上記は保管上の参考事項です。個別販売はしておりません。詳細は当ブログ概要ページをご覧ください。




日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




マッドブルエアソフト GEMTECH公認 RAPTORII サイレンサー MP5 G01-015


  

2019年02月05日

HK MP5 Flash Hider for 3-Lug Barrels German Factory #01

H&K MP5 フラッシュ・ハイダー

H&K MP5サブ・マシンガン専用の純正フラッシュ・ハイダー(9x19mm パラベラム弾薬対応)です。

本品はH&Kが旧来から製造しているMP5サブ・マシンガン専用フラッシュ・ハイダーであり、MP5シリーズ共通のマズル・アタッチメント規格である3ラグ・バレルを利用して装着します。

堅牢なスチール製の本体にバード・ケージ型のスリットが6つ設けられており、銃のマズル部分に装着することで射撃時のマズル・フラッシュ(発砲火炎)を抑制する効果があります。

H&K MP5 フラッシュ・ハイダー

我が国においても2002年のFIFAワールドカップ開催に伴う警備力強化を目的に、警察庁が全国の各都道府県警察所属銃器対策部隊に大量配分したMP5サブ・マシンガンに本品が標準装備されています。

また、1990年代からMP5サブ・マシンガンを先行導入していた警視庁所属のSAT(特殊急襲部隊)では、当初公開訓練においてもフラッシュ・ハイダーの装着が確認されていませんでしたが、現在では各都道府県警察所属のSATにおいてもMP5サブ・マシンガンへの装着が確認されています。

H&K MP5 フラッシュ・ハイダー

本体に設けられた独自のスライド・ロック機構の採用により、フラッシュ・ハイダーの装着に工具などは一切不要で、慣れてしまえば数秒以内で作業を終えることができます。

東京マルイ製電動ガンMP5シリーズ付属のフラッシュ・ハイダーも本家ドイツ純正の本品を再現したもので、その装着方法は既にご存知の方も多いかと思います。

H&K MP5 フラッシュ・ハイダー

まず、フラッシュ・ハイダー基部外周に設けられたスライドを横方向に動かしてロックを解除し、フラッシュ・ハイダーを3ラグ・バレルに覆い被せます。

その後、スライドを元の位置に戻しせば3ラグとスライドがロックされ、バレル先端にフラッシュ・ハイダーが固定されます。






H&K MP5 フラッシュ・ハイダー

フラッシュ・ハイダー及び3ラグ・バレルの工作精度の高さから、ロック後のマズルへの固定は強固で、一切のガタつきはありません。

本品は本家ドイツ純正品ですが、純正フラッシュ・ハイダーも製造年代によって、スライド・ロック機構のデザインに僅かな差異があるなど、数種類のバリエーションが確認されています。




H&K MP5 フラッシュ・ハイダー




9x19mm パラベラム弾薬に準拠し、3ラグ・バレルを装備したMP5シリーズへの装着に対応しています。

.40S&W弾薬準拠のMP5/40など口径の異なるMP5シリーズでは使用できません。

また、3ラグ・バレルの直径が実銃より大きい東京マルイ製電動MP5シリーズやVFC製MP5シリーズをはじめ、実銃と規格の異なるトイガンには装着できません。

中古品ですが、装着時には見えない取り付け基部以外には大きな擦れや傷は認められず、全体的には良品と言える状態を保っています。


本体重量:約130g




保管場所 「A」
出品名 「実物 H&K MP5 専用フラッシュ・ハイダー ドイツ純正品」
状態 「中古」
数量 「1」
開始価格 「19,800円」

※上記は保管上の参考事項です。個別販売はしておりません。詳細は当ブログ概要ページをご覧ください。




日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




MP5用メタル フラッシュハイダー


  

2019年01月30日

SUREFIRE M900A-TN-RD Vertical Foregrip WeaponLight

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

米国の大手フラッシュライト・メーカーであるSUREFIRE(シュアファイア)社製のM900Aバーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト(本体色:デザート・タン、ナビゲーション・ライト色:レッド)です。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

本品はキセノン・バルブ仕様の大出力イルミネーターとバーティカル・フォアグリップ機能を一体化したウェポンライトです。

元来、バーティカル・フォアグリップにフラッシュライトを組み合わせるというアイデアは、米国の特殊作戦装備メーカーであるWilcox(ウィルコックス)が開発したパワー・グリップ(フラッシュライトとレーザー・サイト機能も付加された多機能イルミネーター)という製品が元祖ですが、米国の一部の特殊作戦部隊に使用されるだけで広くは普及しませんでした。

しかし、M900シリーズは長年にわたって軍用ウェポンライトを製造してきたSUREFIRE社製品の堅牢な信頼性に加え、それまでの既存製品にはない人間工学に基づいた秀逸なデザインと機能性の高さが評価され、2000年代前半の販売以降、軍・警察所属の対テロ特殊部隊や民間軍事会社をはじめ、官民問わず世界各国の戦術部隊で運用されました。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

本体には同社のハンディ・フラッシュライトであるG2シリーズで採用されていたガラス繊維を含む強化合成樹脂(ナイトロン・ポリマー)、金属部分には軍用規格の硬質アルマイト(ハード・アナダイズド)処理が施された軽量かつ高強度な航空宇宙用アルミニウム合金が用いられています。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

本品には20mm幅ピカティニー規格のレール・システムに対応したアタッチメント・デバイスが採用されており、同レール・システムを備えるライフル、サブ・マシンガン、ライト・マシンガンなど様々な銃種で運用可能です。

本シリーズには採用したレール・クランプのアタッチメント・デバイスごとに、スルー・レバー方式を採用したM900、インテグラル・サムスクリュー方式を採用したM910が展開されました。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト




M900及びM910ともに、特殊作戦向けハンディ・ライトであるM3シリーズの標準ランプ・ヘッドを搭載した“A”型、遠距離照射能力に優れた大型の2.5インチ径ターボヘッド搭載の“AB”型が存在します。

ランプ・ヘッドのアタッチメント規格は、M3シリーズと完全互換性があり、M3シリーズ用のLEDランプ・ヘッドであるL6など関連アクセサリーを装着することができます。

また、ランプ・ヘッド上部にはデュアルLEDナビゲーション・ライトが搭載されており、ステルス性を保ちながら必要最小限度の光量で足元などを照らすことができます。搭載されたLEDカラーは、ホワイト、レッド、ブルー、IR(赤外線)の4種類から選択可能です。




SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

ランプ・ヘッドには耐衝撃構造が採用されており、落下時の衝撃や射撃時のリコイルからランプを保護します。

さらに各接続部はOリングによるシール構造によって、特殊作戦に不可欠な防塵・防水性能を保っています。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

ランプ・ヘッドに標準搭載されたMN10バルブ。M3シリーズやM961/M962ウェポンライトをはじめとした9Vライト・シリーズ向けキセノン・バルブで、光束125ルーメン、60分の連続点灯時間を提供します。

このMN10以外にも、同規格の高出力バルブであるMN11(光束225ルーメン、連続点灯時間20分)も搭載可能です。

ライト・ヘッドにはオプションのレンズ・プロテクターや各種カラー・フィルター、IRフィルターを装着運用できます。




SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

フォアグリップ下部のバッテリー・キャップを外し、フォアグリップ内に3本(9V)の123Aリチウム・バッテリーを内蔵する構造です。フォアブリップ下部にはバッテリー・キャップの弛み防止用のロックが設けられています。

なお、メインのキセノン・バルブは無関係ですが、ナビゲーション・ライトのLEDには極性があるため、バッテリー挿入方向には注意が必要です。




SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

フォアグリップ両側面には、押下したときのみ点灯するモーメンタリー方式のラバー製プレッシャー・パッド・スイッチが装備されており、フォアグリップを把持した射撃状態でも容易にライトの点灯をコントロールすることができます。

バッテリー・キャップ下部には主電源のON/OFFを切り替える大型の回転式スイッチが設けられており、保管時や輸送時の誤点灯を防ぎます。




SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト




フォアグリップ上部には、LEDナビゲーション・ライト用のラバー製モーメンタリー方式プレッシャー・パッド・スイッチが装備されており、フォアグリップを把持した状態でも親指でライトをコントロールすることができます。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト




ライト・ヘッド後部に設けられた大型の回転式スイッチを操作することで、プレッシャー・パッド・スイッチによる間欠点灯モードから、常時点灯モードに切り替えることが可能です。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

アタッチメント・デバイスにスルー・レバー方式のレール・クランプが採用されたM900では、米国の主要ガン・アクセサリー・パーツ・メーカーであるA.R.M.S.(Atlantic Research Marketing Systems)社製の小型軽量な商用ユニバーサル・プラットフォーム“#17 Single Lever Tri-Lock Mount”が装着されています。

M910に装備されている一般的なサムスクリュー方式のレール・クランプに比べ、A.R.M.S.社の特許であるスルー・レバー方式により、レバーを半回転操作するだけで確実な着脱が可能です。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト




LEDウェポンライトの普及が加速した2000年代後半以降、M900シリーズには高出力LEDヘッドを搭載したM900Vシリーズ(IR切り替え式ヘッド搭載)やM900Lシリーズ(最大光束1000ルーメン)などの派生型が製造されました。

長年にわたって世界各国のタクティカル・オペレーターに愛用されたM900シリーズですが、技術革新によって小型電源でも大出力のLEDが実用化されたことで、LEDウェポンライトも“小型・軽量化”が趨勢となり、M900シリーズのようなフォアグリップ一体型の大型で重量のあるウェポンライトの需要が低下しました。

2010年代中頃にはLED搭載の派生型を含めてM900シリーズの生産は終了しており、後継モデルも発表されていませんが、製造終了から数年が経過した現在でも一部の戦術部隊では現行運用されています。

我が国でもSUREFIRE社の正規代理店が置かれており、同社製品が自衛隊や警察をはじめとした各官公庁に納入されています。

2015年12月に報道公開された警視庁及び神奈川県警所属SAT(特殊急襲部隊)との合同訓練では、MP5サブ・マシンガンへのM900シリーズの装着運用が確認できます。

また、2007年2月、陸上自衛隊第1師団と埼玉・茨城両県警察にって行われた合同治安出動実動訓練では、初公開された埼玉県警所属の銃器対策部隊(RATS)の隊員がM900シリーズの装着されたMP5サブ・マシンガンを携行していました。さらに2016年3月に報道公開されたRATS参加の埼玉県警警備部長査閲では、本品と同じデザート・タン・カラー仕様のM900A(なしいM910A)の運用が確認できます。




SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト




本品は中古品として入手しましたが、本体に目立った傷や錆なども見受けられず、経年劣化しやすいラバー製プレッシャー・パッド・スイッチの状態も良く、全体に良品といえる状態です。

メイン・バルブは標準のMN10、ナビゲーション・ライトはレッドで、機能点検済みです。

本体重量:約540g(内蔵バッテリーを含む)




保管場所 「A」
出品名 「実物 SUREFIRE(シュアファイア) M900A ウェポンライト タンカラー」
状態 「中古」
開始価格 「19,800円」

※上記は保管上の参考事項です。個別販売はしておりません。詳細は当ブログ概要ページをご覧ください。




日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




SF M900 タイプ LED タクティカル フラッシュ ライト レプリカ QDレバー 仕様 TAN タン 220ルーメン FL-M900-TAN


  

2019年01月26日

HK Claw Mount with Picatinney Rail German Factory #02

G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)


各都道府県警察のSAT(特殊急襲部隊)や銃器対策部隊など日本の警察特殊部隊で現行採用されているH&K社製のスコープ用クロウ・マウント(ピカティニー規格レール・アダプター付き)です。

同一のマウント規格を有するG3シリーズ及びHK33シリーズ、MP5シリーズなどに対応しており、固定にネジなどを用いないH&K独自のクロウ・マウント方式のため、ワンタッチで銃にスコープを装着することができます。

マウント本体は堅牢なスチール製で、マウントにレール・アダプターを装着していない状態でも重量が300g以上あり、アルミニウム合金製で軽量かつ高強度なロープロファイル・マウントが主流の現代では非常に珍しくなった旧式マウントです。


G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)


長年にわたってドイツ連邦軍などでの採用実績があり、ドイツの著名な大手光学器機メーカーである“Carl Zeiss(カール・ツァイス)”グループ傘下“HENSOLDT(ヘンゾルト)”(2006年に“Carl Zeiss Sports Optics”に改名)社製のZFスコープ(4倍率)などを無加工で装着可能です。

G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)


本品には20mm幅のピカティニー規格レール・アダプター(全長15.5mm / 15スロット)が装着されており、MP5サブ・マシンガンをはじめとした各種HKウェポンにおいてHWS(ホログラフィック・ウェポン・サイト)や高倍率スコープをはじめとした最新の光学照準器を搭載運用することができます。
G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)
十分な全長の確保されたロング・タイプのレール・アダプターは軽量かつ高強度なアルミニウム合金製(単体重量約50g)で、近年の対テロ特殊作戦に不可欠な暗視装置やマグニファイア(拡大鏡)をはじめとした各種オプション・デバイスとの縦列装着が可能です。なお、警視庁SATでは過去の公開訓練において、EOTech社製Model EXPS3 HWSと3倍固定倍率の望遠機能を有する同社製Model G33マグニファイアを本クロウ・マウントに装着しての運用が確認されています。


G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)
本体側面には、米国をはじめNATO加盟国共通の調達物資管理コードであるNSN(National Stock Number)が刻印されており、本品は光学照準器及び測距装置に分類されています。また、NIIN(National Item Identification Number)コードから本品の原産国(新規コード登録国)がH&Kが本社を置くドイツであることが分かります。




G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)






左側面の可倒式固定用ラッチと、右側面に設けられた逆さL字型の固定用ラッチ解除レバーを操作することで、レシーバー上にマウントを固定します。

マウントの装着は慣れれば片手でも数秒で終えることができ、銃への光学照準器の装脱着が容易です。しかし、近年主流のネジ止めによる完全固定式マウントと比べ、解除レバーに外力が加わると意図せずマウントが脱落する危険性があるため、現在ではこの種の旧式マウントを運用する戦術部隊は世界的にも珍しくなっています。




G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)




スコープなどの光学照準器を装着した状態でも近接射撃や器機の故障などに備え、アイアンサイトでも照準が行えるようH&K社製のクロウ・マウントには、マウント内に空洞状のサイトラインが確保されています。
G3/MP5シリーズ対応 H&K社製 スコープ用クロウ・マウント(ピカティニー・レール付き)


本品は中古品として入手しましたが、目立った傷や錆なども見受けられず良品といえる状態です。

VFC MP5シリーズには無加工で装着可能ですが、実銃専用マウントのため、実銃と規格の異なるトイガンへは装着できない場合があります。




本体重量:約360g(レール・アダプターを含む)


保管場所 「A」
出品名 「実物 H&K社製 G3/MP5対応 20mmレール付きクロウマウント」
状態 「中古」
開始価格 「29,800円」

※上記は保管上の参考事項です。個別販売はしておりません。詳細は当ブログ概要ページをご覧ください。




日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




ボルトエアソフト リコイルショック電動ガン MP5J B.R.S.S 日本仕様 BR-18


  

2018年09月11日

SUREFIRE Model 628LM Forend Weapon Light for HK MP5 SMG

SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




米国の大手タクティカル・ライト・メーカーであるSUREFIRE社製のModel 628LMフォアエンド・ウェポン・ライトです。

M628LMはH&K社製MP5サブ・マシンガン・シリーズ専用のLEDウェポン・ライト・システムであり、標準装備のフォアエンド(ハンドガード)と換装するだけで、容易に高性能ウェポン・ライトの運用を開始することが可能です。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




1990年代以降、MP5を運用する世界各国の戦術部隊で運用されてきた旧来のキセノン・バルブ仕様製品(クラッシック・シリーズ)のM328(P30バルブ3V仕様)、M628(P60バルブ6V仕様)、M928(P90バルブ9V仕様)の後継シリーズで、フォアエンド部分の基本デザインはそのままにライト・システムをキセノン・バルブから高性能LEDに変更しています。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




旧来のキセノン・バルブ・システムの後継として新開発されたLEDイルミネーターであるLM2は、旧来製品よりもライト・ヘッドの直径が小型化され、半永久的に使用可能な白色LEDを搭載しています。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




ライト・ヘッドに搭載されたTIRレンズは、CQB(近接戦闘)に求めれる近距離から中距離の照射に最適化され、非常に鮮明な光線を生み出します。また、ウィンドウには透過性の高い強化ガラスが採用されています。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




ライト・チューブ本体は軽量かつ高強度な航空宇宙用アルミニウム合金が採用され、表面には耐摩耗性に優れたミル・スペックのハード・アノダイズド(硬質アルマイト)処理加工が施されています。さらにシステムは全天候下で運用可能なようにOリングとガスケットによる防水仕様となっています。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




フォアエンド本体は軽量な合成樹脂製で、射手から見て右側面部分にモーメンタリー式テープ・スイッチが装備されており、スイッチを押下している間のみライトが間欠点灯します。なお、シリーズの派生型であるM628LMFでは、さらに左面部分にON/OFFの切り替えが可能なロッカー・スイッチが設けられており、ライトの常時点灯が可能です。

また、スイッチ部分には旧来製品と同じく、不意な点灯を防止するためのスイッチ・ブロッカーを装備することができます。








SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5








LM2は同社が展開するショットガン専用フェアエンド・ウェポン・ライト及びサブ・マシンガン専用フォアエンド・ウェポン・ライトに適合します。また、接続部の構造は旧来のキセノン・バルブ仕様と互換性を保っているため、旧来製品のライト・ヘッドをLM2と換装することもできます。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




LEDの電源には旧来のキセノン・バルブ仕様のM628と同じく、CR123Aリチウム・バッテリー2本(合計6V)をチューブに内蔵します。シリーズの派生型であるM328ではチューブ長が半分となり、バッテリー1本(合計3V)のみを内蔵し、現行型は光束300ルーメンの照射性能を有します。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




旧来のキセノン・バルブと異なり、LEDは半永久的に使用可能なことから、イルミネーション・ツール・ヘッドの分解はできません。

初期生産型は光束200ルーメンの照射性能でしたが、その後はLEDの性能向上に伴い、型番はそのままにLEDのみ新型が搭載される改良が施され、現行製品に搭載されているLM2-Aは光束600ルーメン、タクティカル・ランタイム(出力が光束50ルーメン以下になるまで点灯時間)2時間の性能が確保されています。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5


▲M628LMを搭載したH&K社製MP5A5サブ・マシンガン。同社のフォアエンド・ウェポン・ライトは、標準装備のフォアエンドと換装するだけで、容易に高性能ウェポン・ライトの運用を開始することができる。旧来のキセノン・バルブ仕様のM628は、MP5の操作性を損なわない秀逸なデザインと信頼性の高さから、MP5を運用する英国陸軍のSAS CRWをはじめとした世界各国の対テロ特殊部隊で長年運用されてきた。様々なオプション・デバイスを運用可能な統合化されたレール・システムが普及した現代でも簡素かつ軽便なフォアエンド・ウェポン・ライトには、CQBに最低限度必要とされるイルミネーター機能のみを求める戦術部隊から一定の需要があり、原型の誕生から30年近くが経過する現在でも生産が続けられている息の長い製品だ。





SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5


▲アッパー・レシーバー上のスイスB&T社製ミッド・レンジ・マウント - ショート(BT-21256-3)には、光学照準器として暗視装置との併用に対応したL3 EOTech社製Model EXPS3 HWS(ホログラフィック・ウェポン・サイト)及び同社製Model G33マグニファイア(拡大鏡)が搭載されている。CQBに適したHWSは望遠機能を有せず等倍だが、G33マグニファイアは3倍固定倍率の望遠機能を有しているため、双方を縦列装着することで等倍のHWSに望遠機能を与え、より精密な射撃を行うこと可能だ。G33マグニフィアには可倒式のマウント・システムが搭載されており、マグニファイアを使用しないときは、サイドに倒しておくことができる。LEDイルミネーターが搭載されたSUREFIRE社製M628LM、L3 EOTech社製EXPS3 HWS及びG33マグニファイアとMP5サブ・マシンガンの組み合わせは、我が国においても警視庁警備部所属の対テロ特殊部隊SAT(特殊急襲部隊)での運用が公開訓練において確認されている。





SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5


▲MP5の標準フォアエンドはレシーバー前部に設けられたコッキング・チューブ・ハンガーにプッシュ・ピン1本で固定されており、M628LMも同様に装着固定する。旧製品に比べてライト・ヘッド部分が小型化されたため、銃口部分にH&K社製の純正フラッシュ・ハイダーを装着していても運用が可能だ。MP5サブ・マシンガンのほか、HK33アサルト・ライフルのカービン・モデルであるHK53、MP5の民間市場向け半自動式モデルであるHK94への装着に対応している。





搭載されたLEDは初期生産型の光束200ルーメン仕様です。

VFC MP5シリーズには無加工で装着可能ですが、実銃と規格の異なるトイガンには取付けできません。




本体重量(電池含む):約250g


保管場所 「A」
品名 「SUREFIRE(シュアファイア) M628LM ウェポンライト H&K MP5専用」
状態 「中古品」
数量「1」
開始価格 「19,800円」


日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




(シュアファイア) SUREFIRE 628LMF MP5 ハンドガードライト (ON/OFF切替スイッチ付) 628LMF-A


  

2016年11月07日

A.R.M.S. Claw Mount for HK Firearms #01

G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント



警視庁SAT(特殊急襲部隊)で現行採用されているA.R.M.S.社製のスコープ用クロウ・マウント(A.R.M.S. #1 H&K G-3/MP-5/91 Scope Mount)です。

同一のマウント規格を有するG3シリーズ及びHK33シリーズ、MP5シリーズなどに対応しており、固定にネジなどを用いない特徴的なクロウ・マウント方式のため、ワンタッチで銃にスコープを装着することができます。

鋼鉄製のマウント重量は350g近くあり、小型軽量なロープロファイル・マウントが主流の現代では非常に珍しくなった旧式マウントですが、日本の警察特殊部隊をはじめ、バリスティック・フェイス・シールドなどの運用上の制約からハイ・マウントを求める一部のタクティカル・ユースでは現在でも一定の需要があります。

余談ですが、東京マルイがG3/MP5シリーズ専用に数年前まで販売していた着脱式のクロウ・マウントは、本家のH&K社製ではなく、このA.R.M.S.社製のデザインをコピーしたものです。


G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント

1980年に操業された米国の主要ガン・アクセサリー・パーツ・メーカーのひとつである“A.R.M.S.:ATLANTIC RESEARCH MARKETING SYSTEMS”社は、“S.I.R.(Selective Integrated Rail)”システムをはじめとした最新のレール・システムやアイアン・サイト、スコープ・リング、 マウント・ベース、スペーサーなど、主にM4/AR15ライフル向けの軍用・民生向けアクサリー&アップグレード・パーツの開発製造を行っています。同社が製造したレール・システムが1995年に米軍ミルスペックの“MIL-STD-1913”ピカティニー・レールとして採用されたことは有名です。


G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント

本体の鋼材には優れた強度重量比を有するクロムモリブデン鋼(4140低合金鋼)を採用しており、表面には艶消し黒色が特徴的な腐食防止用のパーカ・ライジング(リン酸塩皮膜処理)が施されています。


G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント




G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント


スコープなどの光学照準器を装着した状態でも近接射撃や器機の故障などに備え、アイアンサイトでも照準が行えるようH&K社製のクロウ・マウントと同じく、マウント内に空洞状のサイト・ラインが確保されています。


G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント




G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント

光学照準器を搭載するレールとマウント本体の一体化やマウント固定に用いるロッキング・レバー位置の差異などを除き、全体的な本体デザインはH&K社製クロウ・マウントを踏襲しており、銃へのマウント固定方法も同一です。


G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント




2002年のFIFAワールドカップ開催に伴う警備力強化を目的に、警察庁が全国の銃器対策部隊に大量配分したH&K社製MP5サブ・マシンガンは、3発制限点射が可能な3バースト・トリガー・グループを装備し、F(フランス)タイプと呼ばれる厚手のラバーパッドが設けられた新型のリトラクタブル・ストックと大型のフラッシュ・ハイダーを標準装備した当時世界でも最新仕様のMP5でした。

さらに光学照準器であるダットサイト(Aimpoint社製COMP M2)の装着運用を予め想定して初公開の段階から、本品であるB&T社製のロー・プロファイル・マウントを装着した豪華仕様です。

ロー・プロファイル・マウントの大きな特徴は、薄型で小型軽量なデザインの採用により、マウントを装着した状態でも銃に標準装備されたアイアン・サイトによる照準を妨げず、光学照準器を装着しない状態でも射撃が可能なことです。




B&T Aimpoint MP5 ロー・プロファイル・マウント




配備開始から10年以上もの間、運用されていたロー・プロファイル・マウントですが、運用上の致命的な弱点がありました。

それは、日本警察の対銃器事案において運用率の高い防弾ヘルメット装着の防弾バイザーとの併用が困難なことです。

本来、ロー・プロファイル・マウントは本体の小型軽量化だけでなく、照準線を低く抑えて装着した光学照準器と実際の照準線との視差を最小限とし、近接射撃時の命中精度を向上させる役割もあるため、ショルダー・ストックへの頬付け射撃姿勢での運用を前提としています。




B&T Aimpoint MP5 ロー・プロファイル・マウント




しかし、防弾バイザーを使用した射撃姿勢で照準器を覗こうとすると、バイザー下端がストックと干渉するため、照準器を正確に覗くことができません。

実際に過去に公開された銃器対策部隊の対テロ訓練や実弾射撃訓練では、バイザーを跳ね上げた状態で照準を行っています。

これでは、そもそもヘルメットにバイザーを装備している意味がありません。




B&T Aimpoint MP5 ロー・プロファイル・マウント




近距離での戦闘を強いられるCQBでは、致命部位である顔面への被弾リスクが常に付帯します。

対テロ作戦を主要任務とする警視庁SAT(特殊急襲部隊)の公開訓練では、当初からロー・プロファイル・マウントを採用せず、バイザーと併用した射撃が可能なように照準線の高いH&K純正のハイ・マウントを採用しています。

2015年、伊勢志摩サミット開催を目前に公開された警視庁銃器対策部隊の対テロ訓練や実弾射撃訓練において、従来MP5に装着していたロー・プロファイル・マウントの運用を改め、SATで運用しているタイプと同様のハイ・マウントの採用が確認されています。

また、この流れは警視庁から各都道府県警察所属の銃器対策部隊にも拡大しており、順次更新が行われているようです。




B&T社製アジャスタブル・ヘルメット・ストック




さらに2016年3月に公開された埼玉県県警察銃器対策部隊所属RATS(機動戦術部隊)の実弾射撃訓練では、ハイ・マウントに加えて欧州の対テロ特殊部隊でも採用例の多いバイザーの運用に対応したB&T社製アジャスタブル・ヘルメット・ストックの採用が確認され、MP5射撃時におけるバイザー運用のジレンマは大幅に改善されたようです。




G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント

▲A.R.M.S.社製クロウ・マウントにEOTech社製モデル511 HWS(ホログラフィック・ウェポン・サイト)を装着した状態。警視庁SATなどで運用されている構成だ。





G3/MP5シリーズ対応 A.R.M.S.社製 スコープ用クロウ・マウント

▲A.R.M.S.社製クロウ・マウントは、H&K社製クロウ・マウントと同じく、銃のアッパー・レシーバー上部に加工されたマウント装着用の凹凸部とクロウ・マウントの爪部を咬み合わせて固定する。マウントには脱落防止用のロック機構が設けられているため、スコープなど大型の光学照準器を装着してもロッキング・レバーに触れない限り、外部からの衝撃で脱落する心配は少ない。





本品は中古品として入手しましたが、目立った傷や錆なども見受けられず良品といえる状態です。

VFC MP5シリーズには無加工で装着可能ですが、実銃専用マウントのため、実銃と規格の異なるトイガンへは装着できない場合があります。




本体重量:約350g

保管場所 「A」
出品名 「警視庁SAT採用 ARMS社製 G3/MP5対応 クロウマウント」
状態 「中古」
開始価格 「19,800円」

※上記は保管上の参考事項です。個別販売はしておりません。詳細は当ブログ概要ページをご覧ください。




日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




ノーベルアームズ MP5 LOWPROFILE MOUNT LONG マウント