2019年01月30日

SUREFIRE M900A-TN-RD Vertical Foregrip WeaponLight

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

米国の大手フラッシュライト・メーカーであるSUREFIRE(シュアファイア)社製のM900Aバーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト(本体色:デザート・タン、ナビゲーション・ライト色:レッド)です。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

本品はキセノン・バルブ仕様の大出力イルミネーターとバーティカル・フォアグリップ機能を一体化したウェポンライトです。

元来、バーティカル・フォアグリップにフラッシュライトを組み合わせるというアイデアは、米国の特殊作戦装備メーカーであるWilcox(ウィルコックス)が開発したパワー・グリップ(フラッシュライトとレーザー・サイト機能も付加された多機能イルミネーター)という製品が元祖ですが、米国の一部の特殊作戦部隊に使用されるだけで広くは普及しませんでした。

しかし、M900シリーズは長年にわたって軍用ウェポンライトを製造してきたSUREFIRE社製品の堅牢な信頼性に加え、それまでの既存製品にはない人間工学に基づいた秀逸なデザインと機能性の高さが評価され、2000年代前半の販売以降、軍・警察所属の対テロ特殊部隊や民間軍事会社をはじめ、官民問わず世界各国の戦術部隊で運用されました。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

本体には同社のハンディ・フラッシュライトであるG2シリーズで採用されていたガラス繊維を含む強化合成樹脂(ナイトロン・ポリマー)、金属部分には軍用規格の硬質アルマイト(ハード・アナダイズド)処理が施された軽量かつ高強度な航空宇宙用アルミニウム合金が用いられています。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

本品には20mm幅ピカティニー規格のレール・システムに対応したアタッチメント・デバイスが採用されており、同レール・システムを備えるライフル、サブ・マシンガン、ライト・マシンガンなど様々な銃種で運用可能です。

本シリーズには採用したレール・クランプのアタッチメント・デバイスごとに、スルー・レバー方式を採用したM900、インテグラル・サムスクリュー方式を採用したM910が展開されました。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト




M900及びM910ともに、特殊作戦向けハンディ・ライトであるM3シリーズの標準ランプ・ヘッドを搭載した“A”型、遠距離照射能力に優れた大型の2.5インチ径ターボヘッド搭載の“AB”型が存在します。

ランプ・ヘッドのアタッチメント規格は、M3シリーズと完全互換性があり、M3シリーズ用のLEDランプ・ヘッドであるL6など関連アクセサリーを装着することができます。

また、ランプ・ヘッド上部にはデュアルLEDナビゲーション・ライトが搭載されており、ステルス性を保ちながら必要最小限度の光量で足元などを照らすことができます。搭載されたLEDカラーは、ホワイト、レッド、ブルー、IR(赤外線)の4種類から選択可能です。




SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

ランプ・ヘッドには耐衝撃構造が採用されており、落下時の衝撃や射撃時のリコイルからランプを保護します。

さらに各接続部はOリングによるシール構造によって、特殊作戦に不可欠な防塵・防水性能を保っています。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

ランプ・ヘッドに標準搭載されたMN10バルブ。M3シリーズやM961/M962ウェポンライトをはじめとした9Vライト・シリーズ向けキセノン・バルブで、光束125ルーメン、60分の連続点灯時間を提供します。

このMN10以外にも、同規格の高出力バルブであるMN11(光束225ルーメン、連続点灯時間20分)も搭載可能です。

ライト・ヘッドにはオプションのレンズ・プロテクターや各種カラー・フィルター、IRフィルターを装着運用できます。




SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

フォアグリップ下部のバッテリー・キャップを外し、フォアグリップ内に3本(9V)の123Aリチウム・バッテリーを内蔵する構造です。フォアブリップ下部にはバッテリー・キャップの弛み防止用のロックが設けられています。

なお、メインのキセノン・バルブは無関係ですが、ナビゲーション・ライトのLEDには極性があるため、バッテリー挿入方向には注意が必要です。




SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

フォアグリップ両側面には、押下したときのみ点灯するモーメンタリー方式のラバー製プレッシャー・パッド・スイッチが装備されており、フォアグリップを把持した射撃状態でも容易にライトの点灯をコントロールすることができます。

バッテリー・キャップ下部には主電源のON/OFFを切り替える大型の回転式スイッチが設けられており、保管時や輸送時の誤点灯を防ぎます。




SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト




フォアグリップ上部には、LEDナビゲーション・ライト用のラバー製モーメンタリー方式プレッシャー・パッド・スイッチが装備されており、フォアグリップを把持した状態でも親指でライトをコントロールすることができます。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト




ライト・ヘッド後部に設けられた大型の回転式スイッチを操作することで、プレッシャー・パッド・スイッチによる間欠点灯モードから、常時点灯モードに切り替えることが可能です。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト

アタッチメント・デバイスにスルー・レバー方式のレール・クランプが採用されたM900では、米国の主要ガン・アクセサリー・パーツ・メーカーであるA.R.M.S.(Atlantic Research Marketing Systems)社製の小型軽量な商用ユニバーサル・プラットフォーム“#17 Single Lever Tri-Lock Mount”が装着されています。

M910に装備されている一般的なサムスクリュー方式のレール・クランプに比べ、A.R.M.S.社の特許であるスルー・レバー方式により、レバーを半回転操作するだけで確実な着脱が可能です。

SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト




LEDウェポンライトの普及が加速した2000年代後半以降、M900シリーズには高出力LEDヘッドを搭載したM900Vシリーズ(IR切り替え式ヘッド搭載)やM900Lシリーズ(最大光束1000ルーメン)などの派生型が製造されました。

長年にわたって世界各国のタクティカル・オペレーターに愛用されたM900シリーズですが、技術革新によって小型電源でも大出力のLEDが実用化されたことで、LEDウェポンライトも“小型・軽量化”が趨勢となり、M900シリーズのようなフォアグリップ一体型の大型で重量のあるウェポンライトの需要が低下しました。

2010年代中頃にはLED搭載の派生型を含めてM900シリーズの生産は終了しており、後継モデルも発表されていませんが、製造終了から数年が経過した現在でも一部の戦術部隊では現行運用されています。

我が国でもSUREFIRE社の正規代理店が置かれており、同社製品が自衛隊や警察をはじめとした各官公庁に納入されています。

2015年12月に報道公開された警視庁及び神奈川県警所属SAT(特殊急襲部隊)との合同訓練では、MP5サブ・マシンガンへのM900シリーズの装着運用が確認できます。

また、2007年2月、陸上自衛隊第1師団と埼玉・茨城両県警察にって行われた合同治安出動実動訓練では、初公開された埼玉県警所属の銃器対策部隊(RATS)の隊員がM900シリーズの装着されたMP5サブ・マシンガンを携行していました。さらに2016年3月に報道公開されたRATS参加の埼玉県警警備部長査閲では、本品と同じデザート・タン・カラー仕様のM900A(なしいM910A)の運用が確認できます。




SUREFIRE M900A-TN-RD バーティカル・フォアグリップ・ウェポンライト




本品は中古品として入手しましたが、本体に目立った傷や錆なども見受けられず、経年劣化しやすいラバー製プレッシャー・パッド・スイッチの状態も良く、全体に良品といえる状態です。

メイン・バルブは標準のMN10、ナビゲーション・ライトはレッドで、機能点検済みです。

本体重量:約540g(内蔵バッテリーを含む)




保管場所 「A」
出品名 「実物 SUREFIRE(シュアファイア) M900A ウェポンライト タンカラー」
状態 「中古」
開始価格 「19,800円」

※上記は保管上の参考事項です。個別販売はしておりません。詳細は当ブログ概要ページをご覧ください。




日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




SF M900 タイプ LED タクティカル フラッシュ ライト レプリカ QDレバー 仕様 TAN タン 220ルーメン FL-M900-TAN


  

2018年09月11日

SUREFIRE Model 628LM Forend Weapon Light for HK MP5 SMG

SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




米国の大手タクティカル・ライト・メーカーであるSUREFIRE社製のModel 628LMフォアエンド・ウェポン・ライトです。

M628LMはH&K社製MP5サブ・マシンガン・シリーズ専用のLEDウェポン・ライト・システムであり、標準装備のフォアエンド(ハンドガード)と換装するだけで、容易に高性能ウェポン・ライトの運用を開始することが可能です。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




1990年代以降、MP5を運用する世界各国の戦術部隊で運用されてきた旧来のキセノン・バルブ仕様製品(クラッシック・シリーズ)のM328(P30バルブ3V仕様)、M628(P60バルブ6V仕様)、M928(P90バルブ9V仕様)の後継シリーズで、フォアエンド部分の基本デザインはそのままにライト・システムをキセノン・バルブから高性能LEDに変更しています。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




旧来のキセノン・バルブ・システムの後継として新開発されたLEDイルミネーターであるLM2は、旧来製品よりもライト・ヘッドの直径が小型化され、半永久的に使用可能な白色LEDを搭載しています。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




ライト・ヘッドに搭載されたTIRレンズは、CQB(近接戦闘)に求めれる近距離から中距離の照射に最適化され、非常に鮮明な光線を生み出します。また、ウィンドウには透過性の高い強化ガラスが採用されています。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




ライト・チューブ本体は軽量かつ高強度な航空宇宙用アルミニウム合金が採用され、表面には耐摩耗性に優れたミル・スペックのハード・アノダイズド(硬質アルマイト)処理加工が施されています。さらにシステムは全天候下で運用可能なようにOリングとガスケットによる防水仕様となっています。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




フォアエンド本体は軽量な合成樹脂製で、射手から見て右側面部分にモーメンタリー式テープ・スイッチが装備されており、スイッチを押下している間のみライトが間欠点灯します。なお、シリーズの派生型であるM628LMFでは、さらに左面部分にON/OFFの切り替えが可能なロッカー・スイッチが設けられており、ライトの常時点灯が可能です。

また、スイッチ部分には旧来製品と同じく、不意な点灯を防止するためのスイッチ・ブロッカーを装備することができます。








SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5








LM2は同社が展開するショットガン専用フェアエンド・ウェポン・ライト及びサブ・マシンガン専用フォアエンド・ウェポン・ライトに適合します。また、接続部の構造は旧来のキセノン・バルブ仕様と互換性を保っているため、旧来製品のライト・ヘッドをLM2と換装することもできます。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




LEDの電源には旧来のキセノン・バルブ仕様のM628と同じく、CR123Aリチウム・バッテリー2本(合計6V)をチューブに内蔵します。シリーズの派生型であるM328ではチューブ長が半分となり、バッテリー1本(合計3V)のみを内蔵し、現行型は光束300ルーメンの照射性能を有します。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5




旧来のキセノン・バルブと異なり、LEDは半永久的に使用可能なことから、イルミネーション・ツール・ヘッドの分解はできません。

初期生産型は光束200ルーメンの照射性能でしたが、その後はLEDの性能向上に伴い、型番はそのままにLEDのみ新型が搭載される改良が施され、現行製品に搭載されているLM2-Aは光束600ルーメン、タクティカル・ランタイム(出力が光束50ルーメン以下になるまで点灯時間)2時間の性能が確保されています。




SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5


▲M628LMを搭載したH&K社製MP5A5サブ・マシンガン。同社のフォアエンド・ウェポン・ライトは、標準装備のフォアエンドと換装するだけで、容易に高性能ウェポン・ライトの運用を開始することができる。旧来のキセノン・バルブ仕様のM628は、MP5の操作性を損なわない秀逸なデザインと信頼性の高さから、MP5を運用する英国陸軍のSAS CRWをはじめとした世界各国の対テロ特殊部隊で長年運用されてきた。様々なオプション・デバイスを運用可能な統合化されたレール・システムが普及した現代でも簡素かつ軽便なフォアエンド・ウェポン・ライトには、CQBに最低限度必要とされるイルミネーター機能のみを求める戦術部隊から一定の需要があり、原型の誕生から30年近くが経過する現在でも生産が続けられている息の長い製品だ。





SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5


▲アッパー・レシーバー上のスイスB&T社製ミッド・レンジ・マウント - ショート(BT-21256-3)には、光学照準器として暗視装置との併用に対応したL3 EOTech社製Model EXPS3 HWS(ホログラフィック・ウェポン・サイト)及び同社製Model G33マグニファイア(拡大鏡)が搭載されている。CQBに適したHWSは望遠機能を有せず等倍だが、G33マグニファイアは3倍固定倍率の望遠機能を有しているため、双方を縦列装着することで等倍のHWSに望遠機能を与え、より精密な射撃を行うこと可能だ。G33マグニフィアには可倒式のマウント・システムが搭載されており、マグニファイアを使用しないときは、サイドに倒しておくことができる。LEDイルミネーターが搭載されたSUREFIRE社製M628LM、L3 EOTech社製EXPS3 HWS及びG33マグニファイアとMP5サブ・マシンガンの組み合わせは、我が国においても警視庁警備部所属の対テロ特殊部隊SAT(特殊急襲部隊)での運用が公開訓練において確認されている。





SUREFIRE(シュアファイア) 628LM フォアエンド LEDウェポンライト H&K MP5


▲MP5の標準フォアエンドはレシーバー前部に設けられたコッキング・チューブ・ハンガーにプッシュ・ピン1本で固定されており、M628LMも同様に装着固定する。旧製品に比べてライト・ヘッド部分が小型化されたため、銃口部分にH&K社製の純正フラッシュ・ハイダーを装着していても運用が可能だ。MP5サブ・マシンガンのほか、HK33アサルト・ライフルのカービン・モデルであるHK53、MP5の民間市場向け半自動式モデルであるHK94への装着に対応している。





搭載されたLEDは初期生産型の光束200ルーメン仕様です。

VFC MP5シリーズには無加工で装着可能ですが、実銃と規格の異なるトイガンには取付けできません。




本体重量(電池含む):約250g


保管場所 「A」
品名 「SUREFIRE(シュアファイア) M628LM ウェポンライト H&K MP5専用」
状態 「中古品」
数量「1」
開始価格 「19,800円」


日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




(シュアファイア) SUREFIRE 628LMF MP5 ハンドガードライト (ON/OFF切替スイッチ付) 628LMF-A