2019年03月01日

HK MP5F Retractable Rear Stock German Factory

H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


日本警察でも運用されているH&K社製MP5サブ・マシンガン専用のドイツ純正F(フランス)タイプ・リトラクタブル・ストックです。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


2000年代初頭、我が国では世界同時多発テロを発端とした国際的テロリズムの台頭や2002年のFIFAワールドカップ開催に伴う警備警察力強化を目的にして、警察庁が全国の各都道府県警察本部警備部機動隊に所属する銃器対策部隊に対し、サブ・マシンガンの大量配備を決定しました。

当時、既に警視庁所属のSAT(特殊急襲部隊)などの特殊部隊において非公開で運用実績のあったH&K社製MP5が選定され、平成13年度補正予算によって1,379丁が調達されていす。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


警察庁が新たに調達したMP5は、3発制限点射が可能な3バースト・トリガー・グループを装備し、F(フランス)タイプと呼ばれる厚手の硬質ラバー製リコイル・パッドが設けられた新型のリトラクタブル・ストックと大型の純正フラッシュ・ハイダーを標準装備した当時世界でも最新仕様のMP5でした。

さらに光学照準器であるドット・サイト(Aimpoint社製COMP M2シリーズ)の装着運用を予め想定し、警視庁所属銃器対策部隊による2002年の初公開時から、スイスのB&T社製ロー・プロファイル・マウントを装着した豪華仕様です。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


一見すると3バースト・トリガー・グループとリトラクタブル・ストックを装備したシンプルなMP5A5なのですが、初公開時に専門誌でも憶測を呼んだのが本品であるFタイプのリトラクタブル・ストックを装備していたことです。

旧来のリトラクタブル・ストックを改良した新型Fタイプ・ストックは、元々は1990年代後半にフランスの準軍事組織である国家憲兵隊の要請によって約35,000丁が大量発注されたことを受け、H&K社が旧来のMP5A5に大幅な改良を施し、1998年に“フランス”の国名を冠して登場した新型“MP5F(H&K社内での識別名称はMP5E2)”と共に新規設計開発されたものです。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


新型リトラクタブル・ストックの装備以外に外観上の大きな変化は認められませんが、MP5Fの最大の変化は内部構造の大幅な強化にあります。

フランスはMP5の調達にあたり、NATO標準弾薬である通常の9x19mm弾薬よりも装薬量を増し、より高初速で高威力を発揮する強装弾の使用に耐えることを要求していました。このため、H&Kでは米国で市販されている“+P”や“+P+”などの一般手的な強装弾を大幅に上回る軍用強装弾の高圧力にも耐えるよう、ボルト・グループ・アッセンブリーをはじめとした撃発機構の関連部品を中心に大幅な設計変更を加えました。この結果誕生した新型のMP5Fでは、数万発単位に及ぶ強装弾の実射試験でも作動不良は生じず、旧来のMP5に比べて飛躍的に耐久性が強化されたのです。

これら内部構造の改良は、現行供給されている全てのMP5シリーズに引き継がれています。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


リトラクタブル・ストックを装備したMP5シリーズでは、撃発時に激しく前後動するボルト・グループの衝撃を吸収する合成樹脂製のバッファーがストック基部に設けられており、強装弾を使用するMP5Fに対応した強化型バッファー・システム搭載のストックを新規設計する必要がありました。そこで誕生したのが本品であるFタイプ・ストックです。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


バッファー・システムの強化という内部的改良だけでなく、Fタイプ・ストックでは外観上も大きな改良が施されています。旧来の伸縮式構造を採用したリトラクタブル・ストックは、金属製のストック・フォーク後端に合成樹脂製のバット・プレートが装備され、肩当て部分には滑り止め用のチェッカリングが成形されていました。

新型のFタイプ・ストックでは後端の合成樹脂製バット・プレート自体の全長が第1世代型旧型ストックの約35mmから約80mmまで延長され、全体の強度が増しています。また、元々採用されていたバット・プレート上部の左右に傾斜を持たせた部分もチーク・パッドの役割を与えるため、約30mmから約60mmに延長されており、射撃照準時の頬付けが容易になりました。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


さらにバット・プレートの肩当て部分には、先行のG36シリーズやUMPシリーズなどで採用されていた1/2インチ(12.7mm)厚の硬質ラバー製リコイル・パットが装備され、射撃時のリコイルによる射手の負担を軽減しています。

チェッカリングが成形されただけの旧来のリトラクタブル・ストックやフィクスド・ストックに比べ、滑り止め効果の高いラバー製リコイル・パッドが装備されたことで現代戦に不可欠なナイロン製ボディー・アーマー・ベストをはじめ、衣類などの滑りやすい素材でも確実な肩当てが可能になりました。

また、厚手の衝撃吸収能力に優れたリコイル・パッドを装備したことで、誤ってストック側から地面に銃を落下させた場合でも高さ2m以内であれば安全性が保たれ、暴発や銃本体の破損のリスクを防ぎます。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




MP5Fでは左利き射手にも対応できるようにアンビデクストラス・デザインが要求仕様にありました。旧来のMP5シリーズではフロント・サイト・タワーとストック基部の左側にスリング・ループが固定されているだけでしたが、MP5Fでは左右両側にループが設けられたプレート状のスリング・ループ(デュアル・スリング・アイレット)がフロント・サイト・タワー下部に溶接固定され、両側からスリング・アタッチメントの接続が可能となりました。

当然ながらFタイプ・ストック基部の右側下部にも新たにスリング・ループが設けられています。旧来からある左側上部のスリング・ループと設置位置を対称としなかったのは、レシーバー右側上部に位置する排莢口周辺にスリングが干渉しないよう考慮したためです。

また、バット・プレート下部にもスリング・ループが追加され、バンジー・スリングなど単点式スリングの運用が容易になっています。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック
ストック・フォークの伸縮構造は旧来と同様で、基部に設けられたロッキング・レバーを倒すことでロックが解除され、ストック・フォークの伸縮が可能となります。

このロッキング・レバー及び基部後端のバック・プレートは第1世代型のリトラクタブル・ストックでは金属製でしたが、改良型の第2世代型からは共に軽量な合成樹脂製に変更されました。この仕様変更はFタイプ・ストックでも引き継がれていますが、ユーザー間では金属製で堅牢な旧型ロッキング・レバーに比べ、合成樹脂製のロッキング・レバーは破損しやすいという問題点も指摘されています。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




旧来のMP5シリーズのリトラクタブル・ストックは、ストック基部にスプリング内蔵のロッドが設けられており、ストック収縮時はバット・プレート内側に内蔵された金属プレートに接触しています。そのため、ロックを解除した際に開放されたロッドがスプリングの圧力でストック・フォークを僅かに押し出し、射手が引き伸ばしやすい位置までストック・フォークが飛び出すという親切な工夫が施されていました。

新型のFタイプ・ストックでもこの構造は引き継がれていますが、バット・プレートの全長が大幅に増したことに伴い、ロッド機構などが格納されているストック・キャップ・ブッシングも大型化されているのが特徴です。






H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


MP5本体と同じく堅牢なスチール製ストック基部内側には、緩衝機となる半透明の合成樹脂製H型バッファーが半固定されています。このバッファーはMP5パーツの部品の中でも劣化による交換率の高い消耗品であり、接着剤などで接着されているわけではなく、バッファー後端の突起部をストック基部に押し込んで保持しているだけです。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


元々はMP5F専用に開発されたFタイプ・ストックですが、旧来のMP5シリーズと完全互換性を保っており、旧型ストックと換装することで容易にアップグレードすることが可能です。

ということで早速、手持ちのMP5A5(無可動実銃)の旧型ストックと交換してみます。

ちなみに本品に装備されているのは、金属製のロッキング・レバーとバック・プレートを備えた第1世代型旧型ストックです。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


ストック基部のプッシュ・ピン1本を引き抜くことで、ストックはレシーバーから容易に引き抜けます。






H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




そして元の位置にストックをはめ込み、プッシュ・ピンを押し込むだけで固定完了。慣れてしまえば交換作業は数十秒以内に終えることができます。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




なお、MP5シリーズは基本的には工具なしでフィールド・ストリッピングが可能ですが、製造国や年代の違いなどで銃の個体によってはプッシュ・ピンの固定が非常に固い場合があるので、プラスチック・ハンマーなどの工具があると作業が楽になります。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック
やはり旧型ストックに比べ、大型化されたバット・プレートが目を引きます。

第1世代型の旧型ストックに比べ、Fタイプ・ストックは収縮時の全長で約50mm、引き伸ばした展開時で全長が約30mmほど延長されています。

また、これに比例して本体重量も旧型ストックが約700gに対して、Fタイプ・ストックの本体重量は約830gで、約130g重量が増しています。






H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




こちらはストック収縮時の収納状態。






H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




ストック基部下方に設けられたロッキング・レバーを倒し、ロックが解除されると内蔵のロッドがスプリングの圧力でバット・プレートを押し出し、僅かにストック・フォークが飛び出します。






H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック
ストックを最大まで引き伸ばしたロッキング状態。旧型ストックでは展開時にストック・フォークがほんの僅かに上下動する動揺が認められましたが、新型のFタイプ・ストックでは、展開時でもストック・フォークの固定に一切の動揺はなく、構造的にも優れた設計であることが分かります。

Fタイプ・ストックは、米国で市販されている強装弾“+P”は無論、より高圧力な“+P+”などにも対応しているため、レシーバー形状の異なるMP5Kシリーズを除き、通常弾仕様を含む全ての現行MP5シリーズ(民間市場向けのHK94シリーズを含む)と互換性を有しています。

また、Fタイプ・ストックの登場以降、H&K社においても旧型ストックの製造供給自体を終了したため、現行販売されているリトラクタブル・ストック仕様のMP5シリーズにはFタイプ・ストックが標準装備されています。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


なお、Fタイプ・ストックには改良型を含む数種類のバリエーション展開がなされ、厚手のボディー・アーマー・ベストの着用を考慮して4段階にストック伸縮長を固定できようになった4ポジション・タイプ、米国の法執行機関向けに開発された派生型のMP5/10(10x25mmオート弾薬準拠仕様)及びMP5/40(.40S&W弾薬準拠仕様)に対応したユニバーサル・タイプなどがあります。

旧来のMP5シリーズには無かったボルト・キャッチ機構が採用され、レシーバー左側面にボルト・リリース・ボタンを新設されたMP5/10及びMP5/40に対応するため、ユニバーサル・タイプ・ストックではボルト・リリース・ボタンが干渉する一方のストック・フォーク前端に切り欠きの加工が施されているのが特徴です。

現行供給モデルの最新型であるユニバーサル・タイプ・ストックは、上記口径の異なる派生型のほか、9x19mm弾薬準拠仕様を含む全てのMP5シリーズ(MP5Kシリーズを除く)に対応しています。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


3バースト・トリガー・グループを装備したMP5A5にFタイプ・ストックと純正フラッシュ・ハイダーを装備したことで、日本警察仕様に限りなく近づいたMP5A5。当初、標準装備されていたB&T社製ロー・プロファイル・マウントではなく、NAR(NATOアクセサリー・レール)に準拠したB&T社製ミッド・レンジ・マウント(ショート)をスコープ・マウント・ベースに装着しています。同マウントは実際に埼玉県警察本部警備部機動隊所属の銃器対策部隊RATS(機動戦術部隊)での運用が公開訓練において確認されています。

また、マウント上には光学照準器として、同じくRATSにおいて運用が確認されたEOTech(現在は米国防衛産業大手“L-3 Communications”の兵装部門“Warrior Systems Division”傘下)社製モデル512 HWS(ホログラフィック・ウェポン・サイト)が搭載されています。モデル512 HWSは、主に軍用向けのモデル552から暗視装置対応モードを省いた廉価版で、MP5を大量運用している英国警察をはじめ、暗視装置を併用した高度な特殊作戦を前提としない各国の法執行機関における採用が目立ちます。

付属のFタイプ・ストックについては、2002年の警視庁銃器対策部隊による初公開時、本品と同じ通常の2ポジション・タイプであることが確認できましたが、近年の銃器対策部隊やSATによる公開訓練では、前述した派生型である4ポジション・タイプの運用が確認できます。MP5の大量採用から15年以上が経過するなか、耐用年数に達した銃本体の更新や増勢に伴う新規調達、また消耗部品としてストックを交換する機会があると考えられ、近年の更新分から4ポジション・タイプに切り替わったものと推測されます。


H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック


MP5Fは、元々フランス政府機関向けに開発されたモデルですが、1999年からは米国の軍・警察市場向けにも輸出が開始されており、強装弾を使用する法執行機関を中心に採用されています。なお、米国向けのモデルはオリジナルのフランス向けMP5Fとは異なり、通常弾仕様のMP5A5と同じく、アンビデクストラス仕様のフロント・スリング・ループ(デュアル・スリング・アイレット)を装備していないなど細部パーツの採用に若干の差異があります。また、既存の通常弾仕様MP5のアップグレード・パーツとして、MP5F仕様のボルト・グループ・アッセンブリーやリコイル・スプリング・ロッド・アッセンブリーなどの関連パーツが供給されています。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




では最後まで残った疑問。日本警察が採用したMP5は、米国市場向けと同じように輸出型のMP5Fなのかというと、これには議論の余地が残ります。

それは通常弾仕様のMP5A5の供給が現在も続いている中、あえて強装弾仕様のMP5Fを選定採用する必要があるのかという点。前述したようにMP5Fで行われたボルト・グループ・アッセンブリーなど内部構造の基本的な強化改良は、後に生産されたMP5シリーズに引き継がれています。しかし、強装弾を使用するMP5Fではリコイル・スプリング・ロッド・アッセンブリーも高威力なMP5/10/40と共通の反発力の強いものになっており、通常弾を使用する際はリコイル・スプリング・ロッド・アッセンブリーも通常弾に対応した標準仕様のものに戻すことが推奨されています。

つまり、高圧力に対応した強装弾仕様のMP5Fで通常弾を使用すると、全く撃てないわけではありませんが、装薬の圧力不足で動作不良を起こすリスクが生じるということです。仮に日本警察が採用したMP5が強装弾に対応したMP5Fだとすると、必然的に機動隊に所属している銃器対策部隊では“+P”や“+P+”などの強装弾を運用していることになります。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




日本警察ではサブ・マシンガン以外にも9x19mm弾薬に準拠した複数種類のオートマチック・ピストルを各都道府県警察本部で採用しており、SATや銃器対策部隊などの戦術部隊だけでなく、S&W M3913などは長らく刑事部に所属する捜査員にも運用されています。SATなどの少数精鋭の対テロ特殊部隊向けは例外としても、MP5が配備された全国の機動隊を含めた弾薬の調達経費や相互運用性を鑑みると、日本警察が全国的に同一口径で通常弾と強装弾の2種類の弾薬を運用していると仮定するのは現実的ではないように思います。

また、1980年代には現在の警視庁SATの前身組織であるSAP(Special Armed Police)が既にMP5を導入運用していたことが判明しており、仮に日本警察がMP5Fを採用したと過程しても20年間近くは通常弾仕様のMP5を運用していたことになります。さらに銃器対策部隊向けMP5が大量導入されて5年以上が経過した2007年、報道公開された警視庁SATの実弾射撃訓練では、依然として通常弾仕様のMP5A5の運用が確認されており、国内治安維持最後の砦であるSATでも強装弾を運用していないことが分かります。

これらの点を考慮しても、SATの補完的存在でもある銃器対策部隊向けMP5のみを強装弾仕様として混在させる積極的理由が見当たりません。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




よって個人的な結論としては、2000年代初頭に日本警察が大量導入したMP5は強装弾仕様のMP5F(MP5E2)ではなく、MP5Fと同等の改良が引き継がれた通常弾仕様のMP5A5であると考えています。時期的にもMP5F向けに開発されたFタイプ・ストックがMP5シリーズの標準リトラクタブル・ストックとなっていることからも裏付けられるでしょう。

ただし、MP5FとMP5A5の外観的な差異はほとんどなく、そもそも米国市場向けMP5に見られるように発注内容によってトリガー・グループは無論、スリング・ループやエクステンデット・セーフティー・セレクター・レバー(ESSL)などの外装部品を自由に選択できる以上、オリジナルのフランス仕様MP5Fとの外観比較も無意味です。

これらは公に得られる情報のみによる推察であり、日本警察が強装弾を運用しているかは部外者には知る由もありません。あくまで現段階における個人的推察の域を出ませんので、あしからず・・・。




H&K MP5Fタイプ リトラクタブル・ストック




本品は本家ドイツH&K社製の新品です。

実銃専用部品のため、実銃と規格の異なるトイガンへは装着できません。




本体重量:約830g


保管場所 「A」
出品名 「実物 H&K社製 MP5Fタイプ リトラクタブルストック 日本警察採用型」
状態 「中古」
開始価格 「120,000円」

※上記は保管上の参考事項です。個別販売はしておりません。詳細は当ブログ概要ページをご覧ください。




日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




No78 H&K MP5-J (18歳以上スタンダード電動ガン)