2019年01月21日

UZI 9mm 32 Round Magazine #02

IMI UZI サブ・マシンガン 32発容量 マガジン


IMI UZIサブ・マシンガン専用の実物32発容量マガジンです。

後期生産型のUZIでは標準的な32発容量で、9x19mm弾薬に準拠したダブル・カラム、ダブル・ポジション・フィーディング仕様です。


IMI UZI サブ・マシンガン 32発容量 マガジン


UZIの初期生産型では25発容量マガジンが付属していました。その後、ロング・タイプの40発容量及び50発容量の大容量マガジンが生産されましたが、実戦における信頼性の低さから、最終的には本品と同じ32発容量がUZIの標準マガジンとなりました。






IMI UZI サブ・マシンガン 32発容量 マガジン


マガジン背面部のデザインなどはIDF放出の無可動実銃IMI UZIに付属していた25発容量マガジンと若干異なりますが、パーカ仕上げの表面処理加工は同様です。

また、25発容量マガジンでは前面下部に個体によって異なるナンバーが打刻されていましたが、本品では背面下部に同様のナンバーが打刻されています。






IMI UZI サブ・マシンガン 32発容量 マガジン






マガジン両側面には装弾10発以降に3箇所の残弾確認孔が設けられており、残弾を目視確認することができます。





IMI UZI サブ・マシンガン 32発容量 マガジン





上部のマガジン・リップ及びフォロワー周辺。マガジンはUZI本体と同じく、プレス加工による堅牢なスチール素材が採用されています。

また、底部のフロアー・プレートを取り外すことで、マガジンは工具を用いずに完全分解が可能です。

加工基準の厳しくなった近年の無可動実銃ではマガジンの実銃への転用防止のため、加工に際してマガジン・スプリングが外されるようになりましたが、本品ではオリジナルのマガジン・スプリングが残っています。


IMI UZI サブ・マシンガン 32発容量 マガジン
本品は実物放出品を中古品として入手しました。

機能的な損傷は認められませんが、僅かな錆や小傷など実用に伴う使用感はあります。




保管場所 「A」
品名 「実物 IMI UZI サブマシンガン専用 32発容量マガジン」
状態 「中古品」
数量「1」
開始価格 「4,800円」


※上記は保管上の参考事項です。個別販売はしておりません。詳細は当ブログ概要ページをご覧ください。



日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




GUARDER WA ミニウージー用アルミレシーバー UZI-06






同じカテゴリー(UZI Parts)の記事画像
UZI 9mm 32 Round Magazine #01
UZI 9mm 25 Round Magazine
同じカテゴリー(UZI Parts)の記事
 UZI 9mm 32 Round Magazine #01 (2019-01-14 22:48)
 UZI 9mm 25 Round Magazine (2019-01-06 19:14)