2020年04月18日

ATF ID Patch Panel YB Large

ATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局) パッチパネル イエローxブラック Lサイズ

ATF(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)実物IDパッチ・パネル(イエローxブラック)Lサイズです。


・ATF(Bureau of Alcohol, Tobacco, Firearms and Explosives)

ATFは米国司法省の隷下にある連邦法執行機関であり、その名称のとおり銃器や爆発物の違法な使用・製造・所持、放火や人身売買、脱税をはじめとしたアルコール飲料・タバコ製品の違法な流通など、連邦犯罪の捜査と予防を主要任務としています。

また、ATFは米国内において州を隔てた銃器・弾薬・爆発物の販売・所持・輸送に関するライセンスの許認可も所掌しており、マシンガンなどの全自動火器やサウンド・サプレッサー(サイレンサー)の所持にもATFのライセンスが必要です。

年間予算約1億2,700万ドル(2018年)を与えられるATFは、特別捜査官を含む約5,100名の職員を擁しています。本部を首都ワシントンD.C.に置き、さらに国内の各主要都市に加え、国外にも複数の現地事務所を設けています。

現在のATFスペシャル・エージェント(特別捜査官)には、サービス・ピストルとして9x19mm弾薬に準拠した第5世代(Gen 5)のGlock 19M(マガジン容量15発)が支給されています。Glock 19MはATFだけでなく、FBIやマーシャルを含む11の連邦政府機関で運用するサービス・ピストルの統一導入を目的として、2015年から開始された選定事業おいて他の競合機種の中から選定され、連邦政府とGlockは2016年6月に最大8,500万ドルの売買契約を結んでいます。

また、ATFエージェントはサービス・ピストルとして支給される拳銃訓練のほか、危険性の高い任務の性格からライフルやショットガンを用いた訓練も受けています。


・Special Response Team (SRT)




ATFにはSWATチームなどと同様、戦術的なハイリスク・サービスを提供する警察戦術部隊(PTU)として“SRT(Special Response Team)”が編制されています。

ATF SRTプログラムは、米国で最も暴力的な犯罪者の捜査と逮捕に付随する固有のリスクへ対処するため、1996年から運用が開始されました。全米の5つの主要都市(ダラス、デトロイト、ロサンゼルス、ジャクソンビル、ワシントンD.C.)に各1チームが編制されており、全隊で138名(2018年)の常勤及び非常勤の隊員で構成されています。





SRTはその創設以来、米国内のアウトロー・モーターサイクル・クラブ(モーターサイクル・ギャング)、武装した麻薬密売組織、テロリスト、組織犯罪対策を含む複数の機関による犯罪捜査活動を支援してきました。これらの重要な捜査には、優れた戦術的運用能力と専門装備が必要となります。

2018年には年間191件の出動実績があり、2007年以降のSRT出動件数は累計2,200件を超えています。SRTは逮捕や捜査令状の執行を含む強制捜査をはじめ、危険度の高いATFエージェントの業務を支えています。

活動中の殆どの部隊には以下のATF要員とリソースが含まれます。


・Tactical operator




SRTの基幹要員となるタクティカル・オペレーターは、人質救出作戦において必須となる前方監視技術、爆発物及び工具を用いた突入技術(奇襲性の高いダイナミック・エントリー及び隠密性の高いコバート・エントリー)、ラペリング、ファスト・ロープ、PSD(Personal Security Detail:要人警護)任務をはじめとした多種多様な戦術的状況に対応できるよう、特殊機材や特殊武器について専門的訓練課程を修得しています。


・Crisis negotiator

SRTプログラムには専門訓練を修得した32名のクライシス・ネゴシエーター(危機的事態交渉人)が在籍しており、すべての業務を支援する体制が備わっています。クライシス・ネゴシエーターは、立てこもりや人質事件発生時における犯人との交渉、情報収集、精神疾患者及び精神不安定者への対応を専門としています。


・Operational medic program




SRTには特殊な戦術医療訓練を修得した63名を超えるタクティカル・メディックが在籍しています。タクティカル・メディックは自隊のSRTのほか、NRT(National Response Team:1978年の創設後、重大な放火・爆発物事件への捜査において24時間以内に全米各地に派遣され、州及び地方の捜査官を支援するATFの即応捜査部隊)の職務執行と訓練課程において、基礎的及び高度な医療支援を提供します。 

オペレーショナル・メディック・プログラムは、職務執行と訓練の運用に先立って医療脅威評価を準備し、要請に応じて現場のエージェントに基本的なCPR(心肺蘇生法)、応急処置、外傷対処訓練を提供します。


・Tactical K-9 program




SRTにはK-9(警察犬)とハンドラーから構成される10個(2018年)のタクティカルK-9チームが編制されています。K-9チームは戦術部隊と協力し、建造物やその他の地域に潜伏する容疑者の捜索、追跡及び広域における検索作戦を実施します。

また、嗅覚を活かした検索活動だけでなく、K-9は最終手段として脅威となる人物を物理的に制圧することもできます。SRTプログラムではK-9を組織内において自主訓練し、外部の認証機関として全国的な警察犬協会であるNAPWDA(North American Police Work Dog Association:北米警察犬協会)を使用しています。






1996年のSRTプログラム開始以来、ATFには以下のメリットが生まれています。

・ 危険性が高く、ときに生命を脅かす法執行活動において、安全で効率的な事態対処能力の向上

・ 最も危険性の高い暴力的犯罪者の制圧において、必要なサポートを提供するため、戦術、運用手順、そして適切な資機材と要員を組み合わせた緊急時対応計画の策定

・ 現地事務所と教育機関において、訓練と全体的な能力を向上させるためのタクティカル・インストラクター幹部の供給












・Detail

ベスト装着用の大型パッチ・パネルです。

プリント仕様ではなく見栄えの良い刺繍仕様で、ブラック生地を背面にイエローの刺繍でATFの文字があしらわれています。

背面は面ファスナーのフック仕様のため、ボディー・アーマーやプレート・キャリアに装着顕示することができます。

サイズ 10cm x 24cm

モニター環境によって現物と画像の色味が大きく異なって表示される場合があります。


保管場所 「A」
出品名 「実物 ATF パッチパネル イエローxブラック Lサイズ LE」
状態 「中古」
数量「1」
開始価格 「1,200円(1枚)」

日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)
架空私設特殊部隊 Team JP-SWAT
JP-SWAT on YouTube




ポリスレプリカパッチ ATF SPECIAL AGENT Bage Patch イエロー






同じカテゴリー(US LE / POLICE)の記事画像
ATF ID Reflector Patch Panel Large
NAR Combat Casualty Response Bag MEDIC LEG RIG-COY
Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit LAPD Model
FBI Badge Patch Green
USSS Counter Sniper Team Emblem Patch Green
United States Secret Service (USSS) Emblem Patch
同じカテゴリー(US LE / POLICE)の記事
 ATF ID Reflector Patch Panel Large (2020-04-30 23:44)
 NAR Combat Casualty Response Bag MEDIC LEG RIG-COY (2020-04-27 23:45)
 Townson Law Enforcement Trauma Shooting Kit LAPD Model (2020-04-24 22:54)
 FBI Badge Patch Green (2020-04-15 23:38)
 USSS Counter Sniper Team Emblem Patch Green (2020-04-12 23:15)
 United States Secret Service (USSS) Emblem Patch (2020-04-09 23:00)