2016年06月30日

CSM Drop Pouch

CSM ダンプポーチ

▲CSM社製ダンプポーチを使用する2000年代後半のLAPD SWATチーム所属オフィサー



米国のタクティカルギアメーカー“CSM Tactical Gear”の代表的製品であるドロップポーチ(ダンプポーチ)です。

ダンプポーチは、小銃や拳銃の使用済み空弾倉などを一時的に収納するための専用ポーチの総称です。収納容量の大きいダンプポーチは、その使い勝手の良さから多目的ポーチとして幅広い利用方法があり、ショットガンのシェルを大量に携行するシェルポーチとして運用されたり、暗視装置をはじめとした各種個人装備の携行に用いられる場合もあります。

同社は上部の開口部が大きく開いたオープントップデザインのダンプポーチを製品化した最初のメーカーであり、現在では同社のオリジナルデザインを踏襲した類似デザインのダンプポーチが各国のタクティカルギアメーカーから販売されています。


CSM ダンプポーチ



弾倉を投入する開口部の大きさはドローコードで調整することができ、さらに淵には投入口の形状を維持するためのワイヤーが内蔵されているため、目視することなく迅速かつ確実に弾倉を投入することができます。

CSM ダンプポーチ



懸架用のベルトループはスナップボタンとベルクロによる二重固定方式のため、重量物を収納しても強固に固定することができます。また、独立した3本のベルトループにより、デューティーベルトだけでなく、ボディーアーマーやプレートキャリアに備えられたPALSをはじめとしたウェビングテープにダンプポーチを直接固定することも可能です。

CSM ダンプポーチ



なお、ダンプポーチを使用しないときは、ベルクロによる固定用ストラップを用いてコンパクトにロールアップすることができます。

CSM ダンプポーチ



CSM ダンプポーチ



同社のダンプポーチは米国海兵隊に制式納入されており、現用米軍装備ではお馴染みのアイテムですが、法執行関係機関所属のタクティカルユースでも普及率は高く、警察SWATチームの始祖であるLAPD(ロサンゼルス市警察)所属のSWATチームにおいても多くのオフィサーが愛用しています。



CSM ダンプポーチ

PROTECH TACTICAL社製“TAC 6 PLUS HP”の背面ウェビングテープを介してCSM社製ダンプポーチを固定している



CSM ダンプポーチ

▲2010年代前半のLAPD SWATチーム 多くの隊員が腰部にCSM社製ダンプポーチを装着している



CSM ダンプポーチ

▲2015年の訓練においてCSM社製ダンプポーチを使用するLAPD SWATチーム所属オフィサー



保管場所 「A」
出品名 「LAPD SWAT採用 CSM ダンプポーチ」
状態 「中古(未使用に近い美品)」
数量「1」
開始価格 「4,800円」

日本警察特殊部隊愛好会(JP-SWAT)公式サイト



5.11タクティカル ドロップポーチ VTAC 58703 [ ブラック ] 511Tactical ダンプポーチ | サバゲー装備 ミリタリーグッズ サバイバルゲーム







同じカテゴリー(US LE / POLICE)の記事画像
BritKitUSA FBI SOLAS IR Reflective Patch
BritKitUSA K9 SOLAS IR Reflective Patch
NEXUS U-94A/U (TJS-102) Push To Talk Switch
New Eagle Bone Conduction Headset #03
FBI HRT / SWAT ID Patch Panel MB M
FBI HRT / SWAT ID Patch Panel BW M
同じカテゴリー(US LE / POLICE)の記事
 BritKitUSA FBI SOLAS IR Reflective Patch (2018-07-03 23:58)
 BritKitUSA K9 SOLAS IR Reflective Patch (2018-06-14 21:12)
 NEXUS U-94A/U (TJS-102) Push To Talk Switch (2017-01-18 23:16)
 New Eagle Bone Conduction Headset #03 (2017-01-12 18:25)
 FBI HRT / SWAT ID Patch Panel MB M (2017-01-07 14:18)
 FBI HRT / SWAT ID Patch Panel BW M (2017-01-06 19:42)